ブログアフィリエイトをやっていくうちに必要になってくるワードプレスプラグインのまとめ

アクセスアップ

これから紹介するプラグインは記事が溜まっていれば溜まるほど効果的になります。

効果的になるのは最低でも50記事を超えてから使っていいと思います。

ブログの記事を50記事へ目標して作り続けてみてからプラグインをインストールしてみて下さい。

作り終えたら、これから紹介するプラグインをダウンロードしてアクセスアップして下さい。

さて、これから紹介するプラグインは1つ1つ更新してまとめていくつもりなのでご覧下さい。

 

  1. 「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」で記事一覧を見てもらうワードプレスプラグイン
  2. 「Heatmap UserHeat」でヒートマップを開いて訪問者の心理を色で理解するワードプレスプラグイン
  3. 「AdRotate Banner Manager」で注目してほしい記事を選んで設定するワードプレスプラグイン
  4. 「WebSub/PubSubHubbub」で手動でグーグルのクローラーに伝えてインデックスしてもらう手間を減らせるワードプレスプラグイン
  5. 記事の数が多ければ選択しやすくなるワードプレスプラグインWordpress Related Postsで見てほしい記事をどんどん広告しよう!
  6. ワードプレスのブログで溜まっていた不要なデータをクリーンアップして最適化させるワードプレスプラグイン「WP-Optimize」
  7. 予想外のトラブルを回避して被害を抑えるためにバックアップをするワードプレスプラグイン「BackWPup – WordPress Backup Plugin」
  8. 「WordPress Popular Posts」でランキング表示してアクセスアップしながら記事同士で競争させるワードプレスプラグイン
  9. 「Child Pages Shortcode」というワードプレスプラグインで特化型ブログの関連性を強化させよう!
  10. 自動でリンク切れエラーを探してくれる管理のワードプレスプラグイン「Broken Link Checker」
  11. 過去記事をツイッターやフェイスブックで再投稿してアクセスアップするワードプレスプラグイン「Revive Old Post 」
  12. Googleアナリティクスの代わりに管理ページからアクセス分析してくれるワードプレスプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP」
  13. デジカメやスマホで撮った写真など、重い容量の画像の画質をそのままで軽量化できるワードプレスプラグイン「EWWW Image Optimizer」
  14. 記事のアクセス状況が分かりやすくなるワードプレスプラグイン「Jetpack by WordPress.com」
  15. キャッシュ機能でページ表示速度低下を防ぐワードプレスプラグイン「WP Fastest Cache」
  16. 簡単に楽に人気記事のランキングを作れるワードプレスプラグイン「WP-PostViews」
  17. ワンクリックで全ての記事をサムネイル画像に設定させる装置のワードプレスプラグイン「Auto Post Thumbnail」
  18. デザインのシェアボタンを作ってユーザー同士でブログを知らせてくれるワードプレスプラグイン「VA Social Buzz」
  19. 自分の記事と商品紹介など絵が変わる広告のようにスライドショーを作るワードプレスプラグイン「MetaSlider」
  20. 投稿タイプを固定ページに変えてすぐに固定ページに引っ越しできるワードプレスプラグイン「Post Type Switcher」
  21. ブログ運営をやっていくとどんどん溜まってゆく画像をカテゴリー化して管理しやすくするワードプレスプラグイン「Enhanced Media Library」

「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」で記事一覧を見てもらうワードプレスプラグイン

アクセスアップするために紹介するプラグインは「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」です。

「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」は記事の最後のところに設置して今まで作っていた記事の中から多く見てきた記事だけ自動的にまとめて紹介してくれます。

記事の画像とタイトル名が出てくるのでどの記事をしようかな?と見てくれるので知っておくとアクセスアップに役に立ちます。

ただし、設定を間違っていなければ、記事のメインとして貼っていた画像も出てくるので覚えておくと損ではないと思っています。

ワードプレスプラグイン「Related Posts Line-up-Exactly by Milliard」で役に立つ記事を紹介して見てもらおう!

「Heatmap UserHeat」でヒートマップを開いて訪問者の心理を色で理解するワードプレスプラグイン

「Heatmap UserHeat」というプラグインで温度、電気量、交通、標高、水深など、色んなところに色で可視化するサーモグラフィーのようにアクセス解析します。

内容は、インストールからの説明だけではなく、ヒートマップで使う基本的な機能も軽く説明しています。

「Heatmap UserHeat」で自分のブログのアクセス解析を見ることができますが、50~100ページビューになるまで結果が出ませんのでしばらく待って下さい。

ワードプレスプラグイン「Heatmap UserHeat」でヒートマップでアクセス解析をしよう!

「AdRotate Banner Manager」で注目してほしい記事を選んで設定するワードプレスプラグイン

「AdRotate Banner Manager」は、注目してほしい記事を選択してエクセルで2×2、3×3の図を作ってリンク付きの画像を表示するものです。

記事を書けば書くほど選択肢が増えるのでその中からお気に入りの記事、注目してほしい記事など、自分の好みで選べます。

ワードプレスプラグイン「AdRotate Banner Manager」で他の記事をテーブルで紹介しよう!

「WebSub/PubSubHubbub」で手動でグーグルのクローラーに伝えてインデックスしてもらう手間を減らせるワードプレスプラグイン

「WebSub/PubSubHubbub」はブログに記事を投稿するとグーグルの検索エンジンにインデックスさせることができるプラグインです。

自分でグーグルのクローラーに伝える手間がなくなるので効率化にすることができます。

万が一にエラーで使えなくなったら対策できる方法もありますので一応見ておくといいです。

ワードプレスプラグイン「WebSub/PubSubHubbub」で更新した記事を素早くインデックスさせよう!

記事の数が多ければ選択しやすくなるワードプレスプラグインWordpress Related Postsで見てほしい記事をどんどん広告しよう!

「WordPress Related Posts」は、記事の最後のところに関連記事を表示できるプラグインです。

設定方法は、簡単なので設定方法を確認しながらやってみて下さい。

設定したけど、いちいち紹介したい記事を変えるのは面倒だなと思っている方はオススメします。

編集ボタンがあるのですぐに変更できます。

自分でオススメしたい記事を関連記事に表示したら「他の記事も見ようかな~。」と別の記事へ誘導しやすいので覚えておくと損ではないと思っています。

ワードプレスプラグイン「WordPress Related Posts」で紹介したい関連記事を編集しよう!

ワードプレスのブログで溜まっていた不要なデータをクリーンアップして最適化させるワードプレスプラグイン「WP-Optimize」

「WP-Optimize」は、ネットビジネスのために使ったブログから溜まっていたデータを自動クリーンアップと最適化してくれるプラグインです。

ワードプレスのブログをクリーンアップと最適化をしないと不要なデータが増えてきて重くなるので読み取りが遅れやすいです。

そうならないように定期的にゴミデータを掃除しておくといいです。

ワードプレスプラグイン「WP-Optimize」で不要なデータをクリーンアップしよう!

予想外のトラブルを回避して被害を抑えるためにバックアップをするワードプレスプラグイン「BackWPup – WordPress Backup Plugin」

「BackWPup – WordPress Backup Plugin」はワードプレスで作ったブログサイトを丸ごとバックアップできるプラグインです。

このプラグインは有料版もありますが、無料版でも機能が割と高いので十分に用途は満たしています。

他人の嫉妬、システムエラー、ハッキングなど外部からの被害を抑えるのに重宝します。

バックアップを取っておくと一からやり直す手間がなくなりますので欠かせないものです。

ワードプレスプラグイン「BackWPup – WordPress Backup Plugin」でバックアップをしてトラブルを防ごう!

「WordPress Popular Posts」でランキング表示してアクセスアップしながら記事同士で競争させるワードプレスプラグイン

「WordPress Popular Posts」はブログで作ってきた記事の中から人気が高い記事をランキング化して表示するプラグインです。

好きな期間、平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数など、細かい設定でランキングに表示することができます。

誘導してアクセスアップするだけではなく、記事同士がキーワードで競争してくれるので更にアクセスアップを望めます。

ワードプレスプラグイン「WordPress Popular Posts」で人気記事のランキングを作ろう!

「Child Pages Shortcode」というワードプレスプラグインで特化型ブログの関連性を強化させよう!

「Child Pages Shortcode」は固定ページの記事に専用のショートコードを貼り付けると、親と子の関係の持つ一覧ページを作ることができます。

ビジネス系、ゲーム系、お菓子系、アフィリエイト系など、どのジャンルでも1つだけ絞って特化にしたブログを目指している人にオススメのプラグインと言えます。

ワードプレスプラグイン「Child Pages Shortcode」で特化型ブログを作るために1つのテーマの関連性を作ろう!

自動でリンク切れエラーを探してくれる管理のワードプレスプラグイン「Broken Link Checker」

「Broken Link Checker」はこれまで作ってきたブログの記事の中からリンク切れで繋がっていないサイトがあるかどうかを自動的にチェックしてくれます。

チェックしてリンク切れを発見したら管理ページのダッシュボードから知らせてくれる便利なプラグインです。

記事の数が多いほど役に立ってくるので、商品紹介と動画が多いブログに必須なプラグインです。

ぜひ、インストールしてみて下さい。

ワードプレスプラグイン「Broken Link Checker」でリンク切れエラーを自動的にチェックしてもらおう!


Error

過去記事をツイッターやフェイスブックで再投稿してアクセスアップするワードプレスプラグイン「Revive Old Post 」

「Revive Old Post 」はブログで今まで作ってきた過去の記事をフェイスブックやツイッターなど投稿するSNSに再投稿してくれるプラグインです。

記事を書き続けて、ある程度の数が溜まってきたら過去に書いた記事を改めて再投稿するとブログのアクセスアップの効果が望めます。

最低でも100記事を超えてからインストールすることをオススメします。

ワードプレスプラグイン「Revive Old Post」で過去記事をSNSに自動投稿させよう!

Googleアナリティクスの代わりに管理ページからアクセス分析してくれるワードプレスプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP」

「Google Analytics Dashboard for WP」はグーグルアナリティクスの代わりに管理ページからダッシュボードでアクセス解析レポートを確認することができます。

一般統計情報、詳細ページレポート、詳細投稿レポートなど、分析データをさらに細分化してサイトの各投稿やページのパフォーマンス詳細を提供してくれます。

グーグルアナリティクスを開くのが面倒な人はオススメします。

ワードプレスプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP」でGoogleアナリティクスの分析データを細分化しよう!

デジカメやスマホで撮った写真など、重い容量の画像の画質をそのままで軽量化できるワードプレスプラグイン「EWWW Image Optimizer」

「EWWW Image Optimizer」はブログの画像の中にある余分なデータを取り除いて軽量化させるように最適化処理をしてくれます。

相性がいいのは、写真を撮った画像を貼るのがメインのブログです。

スマホやデジカメなど、写真を撮ったときの画像は容量が1MBを軽く超えているものが多いですよね?

昔のケータイなら1MBを超えることはなかったですが、スマホが普及し始めてからカメラの機能は大きく上がり、容量も簡単にメガバイトを超えることが当たり前になってきてます。

画像の容量が重いとお互いのデータ通信量が優しくないです。

そこで「EWWW Image Optimizer」の出番です。

ワードプレスプラグイン「EWWW Image Optimizer」でブログの画像の容量を軽量化させよう!

記事のアクセス状況が分かりやすくなるワードプレスプラグイン「Jetpack by WordPress.com」

グーグルアナリティクスより分かりやすくてどの記事のアクセス状況の把握がしやすくなるプラグインは、「Jetpack by WordPress.com」です。

「Jetpack by WordPress.com」は記事のために作ったグーグルアナリティクス版と言っていいです。

データを分析するグーグルアナリティクスと違って、記事に関するアクセスから流入や流出に関するデータを分かりやすく分析してくれる便利なプラグインです。

どの記事を見ているのか?どこからやってきて見ているのか?どのキーワードから来たのか?を分かりやすく分析する環境がほしい方はオススメします。

ワードプレスプラグイン「Jetpack by WordPress.com」でブログのアクセス状況を把握しよう!

キャッシュ機能でページ表示速度低下を防ぐワードプレスプラグイン「WP Fastest Cache」

ワードプレスブログのページ表示の高速化をするプラグインは、「WP Fastest Cache」です。

「WP Fastest Cache」は自分で作ったブログの記事を書いていくうちに人気になり始めたらアクセス数が増えたらページ表示速度が下がるのを防ぐために欠かせない機能です。

ページ表示するのに時間がかかるなと感じたら「WP Fastest Cache」をインストールしてキャッシュ機能を使えるようにしましょう。

目安は5万ページビューを超えるくらいなら欠かせないと思っています。

ワードプレスプラグイン「WP Fastest Cache」でブログのキャッシュを高速化させよう!

簡単に楽に人気記事のランキングを作れるワードプレスプラグイン「WP-PostViews」

メニューバーから人気記事ランキングを簡単に作れるワードプレスプラグインは、「WP-PostViews」です。

「WP-PostViews」は、メニューバーにランキングを作るのが簡単です。

ウィジェット設定画面からウィジェットを選択するたけですぐにランキングを作れますので楽ですので、細かい設定が面倒な方はオススメします。

ワードプレスプラグイン「WP-PostViews」でサイドバーの記事ランキングを設定しよう!

ワンクリックで全ての記事をサムネイル画像に設定させる装置のワードプレスプラグイン「Auto Post Thumbnail」

「Auto Post Thumbnail」は今まで作ってきたサムネイル画像を設定していない記事の全てをサムネイル表示させます。

サムネイル表示させる画像は一番最初に貼った画像を自動的にアイキャッチ画像として設定されますので設定されたい画像を1番目にして下さい。

設定されるのは投稿ページだけではなく、固定ページも一緒にサムネイル表示されます。

使い方に気を付けないと設定してほしくない記事までサムネイル設定されるので注意が必要です。

ワードプレスプラグイン「Auto Post Thumbnail」で全ての記事ページのサムネイル画像を作成しよう!

デザインのシェアボタンを作ってユーザー同士でブログを知らせてくれるワードプレスプラグイン「VA Social Buzz」

「VA Social Buzz」は記事を読んでいるユーザーが気に入ったらデザインが目立つツイッターとフェイスブックのボタンがあれば、シェアボタンを押す行動が起こしやすいです。

このプラグインを有効化していれば、記事の最後のところに自動で設定してくれるので記事の数が多ければ多いほど、シェアボタンを押す確率が高まります。

するとユーザー同士でブログ情報を拡大してもらえるのでアクセスアップを望めるプラグインです。

アイキャッチ画像付きのシェアボタンを設定したい方はオススメします。

ワードプレスプラグイン「VA Social Buzz」でツイッターやフェイスブックのSNSシェアボタンを表示させよう!

自分の記事と商品紹介など絵が変わる広告のようにスライドショーを作るワードプレスプラグイン「MetaSlider」

「MetaSlider」は記事や広告を1つの画面にまとめたいなと思っている方はオススメのプラグインです。

ブログに広告をペタペタ貼るのが嫌だけど、アフィリエイトとしてせめて貼りたいなと悩んでいる人にビッタリなプラグインなのでシンプルな形でペタペタ貼りたいなら「MetaSlider」を活用してみましょう。

ワードプレスプラグイン「MetaSlider」で簡単でシンプルなスライドショーを作ろう!

投稿タイプを固定ページに変えてすぐに固定ページに引っ越しできるワードプレスプラグイン「Post Type Switcher」

「Post Type Switcher」は投稿後でないと投稿タイプを変えられないではないですが、手間を減らせることができます。

投稿から固定ページに変えたいと思ったら固定ページに移動して新規追加で編集画面を開く。

投稿の編集画面から書いた記事の内容を丸ごとコピペして固定ページの編集画面のほうに貼り付ける。

それを何度も同じことを繰り替えるとすごく手間がかかるので面倒ですよね?

その面倒をやらずに済む便利なプラグインが「Post Type Switcher」です。

ワードプレスプラグイン「Post Type Switcher」で記事の投稿タイプをすぐに固定ページに変えよう!


Error

ブログ運営をやっていくとどんどん溜まってゆく画像をカテゴリー化して管理しやすくするワードプレスプラグイン「Enhanced Media Library」

「Enhanced Media Library」はブログに貼る画像が多い人にオススメのプラグインです。

ブログ運営で記事を書けば書くほど使う画像が増えていくと思います。

特に記事のサムネイル画像とかよく使いますよね?

ブログの画像ファイルが増えていくと、どの画像なのかを探してしまう手間が出てきます。

そこで「Enhanced Media Library」というプラグインをインストールすれば、今まで登録してきた画像ファイルをカテゴリー化になってカテゴリーから探せばすぐに見つかるシステムを作ることができます。

画像をよく使う方にはオススメのプラグインです。

ワードプレスプラグイン「Enhanced Media Library」で記事に貼る画像をカテゴリー化にして管理しよう!


以上になりますが、まとめで紹介したプラグインとやり方を覚えていけばブログのアクセスが上がりやすくなりますし、無料オファーやコンサルティングが成約しやすくなります。

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました