ワードプレスプラグイン「Heatmap UserHeat」でヒートマップでアクセス解析をしよう!

アクセスアップ

サーモグラフィーって聞いたことありますか?

言葉は、知らなくても見たことがある人は多いと思います。

なぜ、見たことがある人が多いのか?というとテレビで温度でテータを取る機械で見たことがあるからです。

テレビ番組でよく見かけている高そうな機械で人間の身体をサーモグラフィーで見ると温度の高いところが赤くなり、低いとことろは青くなるように表すもの。

こんな感じで見たことがありますよね?

ヒートマップはサーモグラフィーみたいに温度、電気量、交通、標高、水深など、色んなところに色で可視化するようにしたものです。

さて、ネットビジネスで必要になってくるアクセス解析方法の1つとしてウェブページにヒートマップについてどの視点でアクセスしていくのか?

その点を具体的に教えます。

覚えておくとお得!ヒートマップで使う基本的な機能の3つ

ヒートマップは、色んな種類がありますが、その中で基本的な機能が3つあります。

この3つの意味を理解すれば、ヒートマップでアクセス解析していくのか?十分にわかるようになります。

クリックトラッキング

クリックトラッキングとはどの部分をクリックしていたのか分かる機能です。

リンクしているアイコンをクリックしたのか?

クリックしやすいところはどこか?

クリックしつらいところはどこか?

誤ってクリックするところはどこか?

で、クリックした原因がわかるようになります。

マウストラッキング

マウストラッキングとはどのようにマウスを動かしたか分かる機能です。

マウスの動き、マウスの速度、注目しやすいところへ動かすのか?注目しにくいところはどこか?など、マウスの動きが把握できます。

録画機能でマウスの動きを動画撮影してデータを撮るので高いものが多いです。

アイトラッキング

アイトラッキングとは目の動きでどこを追っているのか分かる機能です。

この記事は、画面、動画、文章をしっくり見ているのか?

スルーされやすい部分はどこなのか?

視線を追いやすいのはどこなのか?

など、視線で見る心理がデータ化になって分かるようになります。

次は、プラグインでヒートマップをダウンロードしてみましょう。

3つのトラッキングでアクセス解析してくれるプラグインのインストールと利用方法

まず、管理ページからプラグイン→新規追加→検索で「userheat」と入力する。

すると、Heatmap UserHeatが出てくるのでインストールしましょう。

すると・・・管理ページから「UserHeat」が出てきます。

あとは、導入手順のところに流れをよく読んでやってみて下さい。

解析結果は、時間がかかりますので後で結果が出たら画像を貼ってきますのお待ち下さい。

【追記】ヒートマップ解析結果

「異議あり!元犯罪者である前科者に対して差別をする社会への疑問」から
解析結果を見せたいと思います。

・マウス解析結果

・クリック解析結果

・熟読エリア解析結果

・終了エリア解析結果

・離脱エリア解析結果


以上になりますが、ヒートマップでページをどのように見たり、クリックしたり、マウスを動かしたりするのか?を色で表すようになれば、心理が分かるようになりますので重宝なツールだと思っています。

プラグインのまとめ記事もありますのでご覧下さい。

・ブログアフィリエイトをやっていくうちに必要になってくるプラグインのまとめ

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました