ワードプレスプラグイン「WP-Optimize」で不要なデータをクリーンアップしよう!

テクニック

紹介するプラグインは、「WP-Optimize」です。

「WP-Optimize」は、ネットビジネスのために使ったブログから溜まっていたデータを自動クリーアップと最適化してくれるプラグインです。

ブログアフィリエイトを本格的にやっていくと見えない不要なデータがどこかに溜まっていきます。

家の中にあるホコリのようにどこかに溜まってくるのと同じ感じで、どうしても無駄な容量が少しずつ増えてしまいます。

ワードプレスのブログをクリーンアップしない、最適化しないで使い続けるとデータベースの中に不要なデータが増えます。

すると、ブログが重くなって読み取りが終わるのに時間がかかってしまいます。

そこで「WP-Optimize」の出番です。

不要なデータを定期的に掃除してブログアフィリエイトをしやすい環境を整えるプラグインのインストールと利用方法

まず、ワードプレスの管理ページを開いてプラグインのところに新規追加にクリックする。

開いたら検索キーワードで「WP-Optimize」に入力。

入力したら、この画像のように出てきますので、赤丸のところにインストールして有効化します。

有効化したら管理ページから「WP-Optimize」へ移動。

「WP-Optimize」の詳細設定画面へ

Run all selected optimizations→最適化したい部分だけ実行します。

データベーステーブルの最適化→データベースの情報が入っている引き出しの中をきれいに整理して利便性を高めます。

すべての投稿リビジョンをクリーン→記事の変更履歴や古い記事のデータをクリーンアップします。

Clean all auto-draft posts→自動下書き。記事を書いている最中に自動保存されたデータを削除します。

Clean all trashed posts→ゴミ箱に入れた記事をすべて削除します。

Remove spam and trashed comments→スパム判定されたコメントとゴミ箱の削除です。

未承認コメントの削除→承認していないコメントを消します。

期限切れの transient オプションを削除→キャッシュデータが一時的に保存されているが、既に有効期限が切れている不要なデータを削除します。

ピンバックの削除→他人の記事に自分の記事が貼られた時に送られてくるメッセージ、または、過去の記事を現在の記事に貼り付ける時に送られてくるメッセージ

それらを削除します。

トラックバックの削除→他者のブログ内容を自身のブログで引用・参照したときに引用・参照したことを引用元に通知するメッセージを削除します。

投稿メタデータのクリーン→ブログを投稿した時に残るコメントのデータを削除します。

コメントメタデータのクリーン→ブログのコメント欄に投稿されたコメントのデータを削除します。

孤立したデータのクリーン→データベースの中で使用されていないデータを削除します。

この画像の「警告」の部分を読めば分かると思いますが、万が一にデータのドラブルが起こったときのために予防としてバックアップをしておくといいです。

バックアップするプラグインの記事もありますのでご覧下さい。

・ブログアフィリエイトで起こるかもしれない!ブログのデータトラブルを防ぐバックアップのプラグイン

さて、次は自動的に定期的にクリーンアップしてもらうために設定へ移動します。

一般設定画面へ

移動したら、自動的にクリーンアップしてもらうように設定します。

・直近◯週間分のデータを保持するをチェック入れ

・スケジュールされたクリーンアップと最適化を有効にする(ベータ版)をチェック入れ

データベーステーブルの最適化から期限切れの transient オプションを削除は、自分の好みで任せます。

期間の設定は直近◯週間分は、2週間スケジュールタイプを選択は毎週が基本的な期間として見てますのでそのままで問題ないかと思います。

あとは設定して終了です。


以上になりますが、ブログを定期的に掃除しておかないと後になって不便になりますのでインストールしておくといいです。

プラグインのまとめ記事もありますのでご覧下さい。

・ブログアフィリエイトをやっていくうちに必要になってくるプラグインのまとめ

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました