ワードプレスプラグイン「Post Type Switcher」で 記事の投稿タイプをすぐに固定ページに変えよう!

プラグイン

投稿タイプをすぐに変えられるプラグインは「Post Type Switcher」です。

「Post Type Switcher」は投稿後でないと投稿タイプを変えられないではありませんが、手間を減らせることができます。

投稿から固定ページに変えたいと思ったら固定ページに移動して新規追加で編集画面を開く。

投稿の編集画面から書いた記事の内容を丸ごとコピペして固定ページの編集画面のほうに貼り付ける。

それを何度も同じことを繰り替えるとすごく手間がかかるので面倒ですよね?

その面倒をやらずに済む便利なプラグインが「Post Type Switcher」です。

記事の投稿タイプ変更プラグインのインストールと設定方法

まず、管理ページのプラグインから新規追加します。

「プラグインの検索」から「Post Type Switcher」で検索して「Post Type Switcher」を選択。

「今すぐインストール」→「プラグインを有効化する」でダウンロード完了

ダウンロードが終わったら管理ページから設定へと言いたいところですが、このプラグイン専用の設定画面はありません。

投稿の編集、または固定ページの編集へ移動しましょう。

投稿と固定ページの記事編集画面へ

新規追加で記事編集画面を開くと表示されません。

公開まではいかなくても「下書きとして保存」で一時保存すれば表示されます。

もし、表示されなかったら時計回りの矢印をしているアイコンで再読み込みをしましょう。

投稿、固定ページ、メディア、共有コンテンツなど、変えたい投稿タイプを自由自在に変えることができます。

ワードプレスプラグイン「Post Type Switcher」は、基本的に使う機会が少ないと思いますが、投稿から固定ページを変えることがあれば便利なので、知っとくと損ではないと思います。


以上になりますが、固定ページをよく使う方はオススメします。

プラグインのまとめ記事がありますので紹介します。

ブログアフィリエイトをやっていくうちに必要になってくるワードプレスプラグインのまとめ
これから紹介するプラグインは記事が溜まっていれば溜まるほど効果的になります。 効果的になるのは最低でも50記事を超えてから使っていいと思います。 ブログの記事を50記事へ目標して作り続けてみてからプラグインをインストールしてみて...

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました