ワードプレスプラグイン「Broken Link Checker」でリンク切れエラーを自動的にチェックしてもらおう!

テクニック

紹介するプラグインは「Broken Link Checker」です。

「Broken Link Checker」はこれまで作ってきたブログの記事の中からリンク切れで繋がっていないサイトがあるかどうかを自動的にチェックしてくれます。

チェックしてリンク切れを発見したら管理ページのダッシュボードから知らせてくれる便利なプラグインです。

「Broken Link Checker」をインストールして有効化したらあとは勝手にリンク切れのチェックをしてくれるので、探す手間がなくなります。

記事の数が多くてリンクしているものが多い方はオススメします。

自動でリンク切れエラーを勝手にチェックして発見したら報告してくれるプラグインのインストールと利用方法

まず、ワードプレスの管理ページを開いてプラグインのところに新規追加にクリックする。

開いたら検索キーワードで「Broken Link Checker」に入力。

この画像と同じアイコンを見つけたらインストールして有効化します。

有効化したら管理ページから「設定」→「リンクチェッカー」に選択。

「Broken Link Checker」のオプション設定画面へ

設定はそのままでも問題ないですが、調整したいなら最初は、「含まれるリンクを探す」と「チェックするリンクの種類」から始めてチェックを増やすといいです。

「含まれるリンクを探す」の設定画面へ

まず、「含まれるリンクを探す」は、コメント、固定ページ、投稿がメインで、リンクを繋いでいる心当たりがあるものはチェックしてみて下さい。

「チェックするリンクの種類」の設定画面へ

次、「チェックするリンクの種類」は、ユーチューブ以外の動画を埋め込みで入れたページがあるならその入れた動画をチェックしてみて下さい。

それ以外は、基本的に設定変更することはないのでそのままにしましょう。

リンク切れエラーについて

リンク切れエラーは管理ページからダッシュボードへクリックします。

開いたら「Broken Link Checker」と書かれているところを探します。

見つけて開いてみるとこんな感じになります。

リンク切れエラーの例


あとは、「URLを編集」「リンク解除」「リンクエラーでない」「無視」「再確認」のどれかを選択して対応するだけです。


以上になりますが、記事の数が多いほど、リンクが切れているエラーを探すのは、すごく手間がかかるので重宝なプラグインです。

作業効率のためにインストールするといいです。

プラグインのまとめ記事もありますのでご覧下さい。

・ブログアフィリエイトをやっていくうちに必要になってくるプラグインのまとめ

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました