スマホがあればどこでも注文と決済を済ませる財布要らずのモバイルオーダーアプリ「O:der」

マーケティング

学校の食堂、レストラン、カフェなど、食べ物を食べに行って注文しますよね?

いつもレストランに行くときに今までは流れで、

食べたい店に行く。(人が多いときは並ぶ。)

席に座ったらメニュー表を開いて食べたいものを選んで注文する。

注文したら出来上がるまで待つ。

出来上がったら自分の席のところに来て食べ物を置く。

食べる。

食べたあと、レジのところまで立って行く。(人が多ければ、レジ前の列に並ぶ。)

会計で現金かクレジットカードで支払う。

会計が終わったら店の外に出る。

・・・・大体、そんな流れで食べに行っていますよね?

たまにならあまり気にすることはないと思いますが、よくレストランに行く人なら時間がかかることを「食べる」以外の時間が1食で10分だとします。

1日1食で1ヶ月間(約30日)で計算すると10✕30=300分です。

300分なので5時間かかっています。

個人差によるですが、毎日、レストランに行くと「食べる」以外の時間が5時間かかってしまいます。

1秒の時間がシビアなビジネスマンにとっては悩み点だと思います。

そこで解決してくれるアプリが「O:der」です。

事前注文と事前決済が可能なスマートフォンアプリで無駄な時間を減らして生活が効率化!

まず、「O:der」公式サイトはこちらへ

「O:der」の特徴はこちらへ

動画もありますのでご覧下さい。

現在の「O:der」は、5種類あります。

・O:der Wallet(オーダーウォレット)

・O:der apps(オーダーアップス)

・O:der service(オーダーサイネージ)

・O:der cognis(オーダーコグニス)

・O:der intime(オーダーインタイム)

「O:der」はShowcase Gigという会社が開発しました。

Showcase Gigは日々進化していくモバイルやスマホを中心したテクノロジーによって日常消費生活がさらに利便性高く効率化させる世界を創る。

「日常消費をテクノロジーによって向上させること」を目標して2012年に創業しました。

Showcase Gigの公式サイトはこちらへ


以上になりますが、自分が住んでいる町にオーターを導入してる店が出てきたら使ってみたいと思います。

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました