買い物の常識を変えるQRコード決済という新時代の決済方法

マーケティング

買い物で引き換えするものと言えば、現金、クレジットカード、ギフトカード、ポイントカードくらいがほどんどですが、最近は仮想通貨という決済方法が出てます。

しかし、仮想通貨で買い物したことがない人が多いです。

なぜ、多いのか?

それは、もったいない、税金、店、この3つが原因だからです。

1つ、もったいないのは仮想通貨の価格が大きく上がるから買い物に回したくないと思っている人が多いはずです。

株もFXも同じことですが、上がると分かったら利益がいっぱいもらえる!と興奮して期待をしているから買い物に使うのは、もったいない!と欲張りしたがるんです。

2つ、税金は仮想通貨の歴史が浅いため、税金の制度が整えていない部分が大きいだと思います。

株やFXのように普及しているほど、発達していないので税金の計算がどの投資より面倒なので現金で買い物したほうが楽だと思う人が多いでしょう。

3つ、店は仮想通貨を対応できる店がほとんどないからです。

手軽で買い物に行ける大手コンビニのセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンさえも対応している店を見たことがないです。

東京や大阪のような都会なら一部だけあると思いますが、今はほとんどないでしょう。

それくらい普及していないので買い物が出来る機会がないのが現状です。

仮想通貨の話でズレてしまいましたが、本題に入りたいと思います。

QRコード決済サービスに力を入れている3社

QRコード決済に関する開発をしている3つの会社を紹介したいと思います。

QRコード専用決済端末を発表して革命を起こすLINEの「LINE Pay」

LINE PayはLINEが提携サービス、店で買い物、割り勘、送金を一つにするために開発したものです。

公式サイトはこちらへ

決済方法はLINE Payカードというクレジットカード、コード決済、オンライン決済の3つありますが、その中で一番力を入れてるのはQRコード支払いです。

なぜ、QRコードに一番力を入れているのか?それは、LINE Pay専用決済端末を開発しているからです。

決済端末の名は、「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」です。

「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」について、ニュースがありますのでこちらへご覧下さい。↓

・【LINE Pay】自社決済端末を発表

一応、動画もありますので紹介します。

正式名称は不明ですが、他に決済端末があります。

ヤフーアプリでQRコード決済するYahoo!ウォレット

Yahoo!ウォレットとは、インターネットのお財布という便利なお支払い手段としてを提供している決済サービスです。

支払うだけではなく、ヤフオクやヤフーショッピングで購入してもらった金額を手数料無料で安全に受け取ることができます。

QR支払いについては、ヤフー株式会社のニュースから具体的に書かれているのでご覧下さい。

・Yahoo! JAPAN、バーコードを使った実店舗でのスマホ決済機能を提供開始

公式サイトのYahoo!ウォレットからヤフーアプリをダウンロードと支払い方法が書かれていますのでこちらへどうそ。
※読み込み時間が長いときもありますのでご注意下さい。

スマホ決済でナンバーワンを目指すソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)は2018年6月から設立したばかりの会社です。

ソフトバンクとYahoo!ウォレットがこれまで重ねてきた顧客のノウハウを生かしてQRコード決済というスマホ決済サービスを2018年秋から開始する予定です。

今はまだ情報が少ないですが、具体的な情報が書かれてる公式サイトがありますのでこちらへどうそ。

QRコード決済サービスのために大企業のソフトバンクとヤフーが手を組んで、PayPay株式会社を設立しているので、近い将来、ナンバーワンの会社になる姿が楽しみです。

それといつになるか分かりませんが、Yahoo!ウォレットの実店舗スマホ決済機能は今後提供を中止し、PayPayに統合するそうです。


以上になりますが、QRコード決済が普及すれば、近い将来、現金を使わなくなる時代がやってくるだろうと思います。

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました