前科者としての壁にぶつけながら自分の人生を向き合った人達の電子書籍本

人生論

前科者に関する電子書籍本10つ、単行本1つを紹介します。

前科者経営者

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
前科者経営者――どん底からの逆転人生
著者 髙山 敦

あなたもできる、なりたい自分になることができる前半は、著者が犯罪を犯すまで、そして獄中生活について。

後半では、著者が元受刑者たちの社会復帰を果たす際の心のもちようについてお伝えする。

多くの道を過った若者を救った言葉がここにある。

いま大きな壁にぶつかっている人、何かをやりたいけれど、どうしても前に進めない人、大きな失敗をしてしまった人、過ちを犯してしまった人に、前を向いて生きる勇気と強さを与えてくれる。

「わたし自身も、この本を作っていく中で変わることができました」(編集者談)

ドン底に落ちてから絶頂を逆転するほど、強い逆境を学びたい方はオススメします。

清原和博 告白

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
清原和博 告白 (文春e-book) 
著者 清原和博

「自分の人生を振り返って、どこからおかしくなったのかとか、狂い始めたんだろうとか。苦しかったですね……」

覚醒剤取締法違反で逮捕されてから2年。

栄光と転落の半生と、自らの罪を悔いながら、鬱病、薬物依存とたたかう日々を赤裸々に綴る。

岸和田リトルで野球を始めた少年期から、怪物の名をほしいままにしたPL学園と甲子園の記憶、盟友・桑田真澄と袂をわかったドラフト事件の真相とその後。

西武ライオンズで4番として輝いた瑞々しい日々と数々の栄冠。

憧れの巨人移籍後の重圧と屈辱――。

野球の申し子、甲子園のヒーローはなぜ、堕ちたのか。

執行猶予中、1年間にわたりすべてを明かした「告白」。

これは、どうしようもない、人間らしさの記録である。

数々の栄光から深い闇の影に落ちてしまった清原和博の告白を知りたい方はオススメします。

真相—マイク・タイソン自伝

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
真相—マイク・タイソン自伝
著者 マイク・タイソン
翻訳ジョー 小泉、棚橋 志行

史上最凶の男の栄光と転落──そして、再生までの感動物語

本書は、ボクシングの現役引退後20年を経ても、いまだ人気の衰えない史上最強の男マイク・タイソンの自伝です。

アメリカでは刊行直後から大きな話題を呼び、
「ロサンジェルス・タイムズ」
「ウォールストリート・ジャーナル」
「ニューヨーク・タイムズ」など各紙誌が絶賛。

少年院で伝説の天才トレーナーに見出され、史上最年少のヘビー級チャンピオンへ。

人生の師との悲しき別れ、悪徳プロモータードン・キングの陰謀、金目当ての結婚相手による裏切り、いわれなきレイプ事件、刑務所内での放蕩、出所後の王者への電撃返り咲き、伝説となったイベンダー・ホリフィールドの耳噛みちぎり事件、300億円の稼ぎ手から破産者へ、麻薬・アルコール、そしてセックス中毒、幼い娘の死、そして、そんなドン底からの更生──これほど破天荒な人生を送った男が他にいるでしょうか。

読みどころ満載の本書において、タイソンは包み隠すことなく真実を語っています。

その正直さと陽気さが彼の魅力であり、これだけの悲劇を抱えながらも、悲壮感なく爽快な読後感を得ることができます。

タイソンの生き様は、すべての読者の方々の心を揺さぶるでしょう。

いくつかの前科持ちでも負けないほど、人気の秘密を知りたい方はオススメします。

刑務所いたけど何か質問ある?

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
刑務所いたけど何か質問ある?マンガ『刑務所なう。&わず。』完全版【文春e-Books】
著者 堀江貴文 漫画 西アズナブル

電子オリジナル作品! ホリエモン“獄中記”が、マンガ完全版として登場!

1年9ヶ月の刑務所生活が遂に終わった。

塀の中でホリエモンは一体何を考え、何をしてきたのか?

検閲なしで、刑務所のすべてを大暴露!全てマンガで描く獄中記です。

「収監準備」「獄中メシ」「刑務作業」「しきたり」「面会」「忍耐力」「2類昇格」「最後の試練!」「仮出所きたー!」etc.

「これは私の1年9ヶ月にわたる獄中生活の記録である。そこに多くの人が見たことのないであろう、特殊な世界が存在する」(はじめに より)。

時に爆笑し、時に人生を考え、時にしみじみする、究極の1冊。電子版オリジナル作品。
(この作品は『刑務所なう。』『刑務所なう。シーズン2』『刑務所わず。』の実録マンガ部分をまとめ再構成したものです)

刑務所で生活してきたこと、考えてきたことを具体的に知りたい方はオススメします。

前科おじさん

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
前科おじさん
著者 高野 政所

「なんだチミはってか?そうです、わたしが……前科おじさんです!!!」

“元”ラジオパーソナリティ。“元”DJ。“元”クラブ店主。

“元”インドネシアのダンスミュージック「ファンコット」の伝道師……。

色んな肩書きが一瞬で“元”になる大事件、それが逮捕。

2015年3月3日、大麻所持で逮捕された高野政所が初のエッセイ集を引っさげBACK AGAIN!

1年の自粛期間で綴った爆笑&思索&しんみりの自叙伝。

この本で“元”を外して元に戻るのだ!

“声だけで信頼できる男”と呼ばれながら、結果的に多くの信頼を裏切ることになってしまった高野政所。

留置場で罪の重さを痛感しながらも、ついつい出逢ってしまうおもしろおじさんやトホホな出来事。

苦悩と哲学、脱力と爆笑、そしてDJ復帰の道のりまでを赤裸々に綴った初エッセイ集。

盟友・漫画家ジェントルメン中村によるコミック「実録・渋谷警察署内留置場第八居室 ボスと呼ばれた男!!」、敬愛する映画ライター&デザイナーの高橋ヨシキとの対談も収録!

信頼していた人達を裏切ってしまった罪の重さを痛感しながらDJ復帰を目指してどのようにやってきたのか?を知りたい方はオススメします。


Error

全裸監督 村西とおる伝

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
全裸監督 村西とおる伝
著者 本橋 信宏

人生、死んでしまいたいときには下を見ろ! おれがいる。

前科7犯。

借金50億。

米国司法当局から懲役370年求刑。

奇跡の男か、稀代の大ボラ吹きか。

“AVの帝王”と呼ばれた裸の男の半生
(ノンフィクション)。

「日本経済に必要なのは、村西とおるが手放さない生への希望である」

資本主義は死の絶望と生の希望を両輪とする経済システムであり、多くの人が死の絶望に怯えるとデフレになる。

甦るには、村西とおるが手放さない生への希望こそが必要だ。(松原隆一郎・東京大学大学院教授)

村西とおる、本名・草野博美。工業高校卒業後上京。

どんな相手でも陥落させる応酬話法によって、英会話教材販売売り上げで日本一達成(1つ目の日本一)。

インベーダーゲームのブームに乗り、ゲーム機設置販売で財を成す。

ビニ本と裏本の制作・販売業に転じ、業界日本一になる(2つ目の日本一)。

指名手配され逮捕。再起を図ってAV監督になり、“駅弁”“顔面シャワー”など次々と新機軸を考案。

ハワイで撮影中にFBI合同捜査チームに逮捕され懲役370年を求刑される。

黒木香主演「SMぽいの好き」でみずから相手を務めて、“AVの帝王”と呼ばれ、業界日本一に(3つ目の日本一)。

ジャニーズ事務所に喧嘩を売り、元フォーリーブス・北公次復活をプロデュース。

事業拡大に失敗、50億円の債務を負う。

前科7犯。無一文になりながら専属だったAV女優と再婚、長男をお受験の最難関小学校に合格させた。

そのどれもが実話である。

エロスのために前科持ちでも止まらないグレイシーな思考を感じたい方はオススメします。

誰もボクを見ていない

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
誰もボクを見ていない:なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか
著者 山寺 香

一歩踏み込んで何かをすることはとても勇気が必要だと思います。

その一歩が目の前の子供を救うことになるかもしれないし、近くに居た親が『何か用ですか?』と怪訝そうにしてくるかもしれない。

やはりその一歩は重いものです。

そしてそれは遠い一歩です。(中略)

つまり他人、子供への関心、注意を持っていなくては二歩も三歩も子供との距離があります。

いや、子供の存在にさえ気付いていないかもしれません。

だから、自分が取材を受ける理由は世の中に居る子供達への関心を一人でも多くの方に持っていただく為の機会作りのようなものです。(「少年の手記」より)
2014年、埼玉県川口市で発生した凄惨な事件。

少年はなぜ犯行に及んだのか?誰にも止めることはできなかったのか?事件を丹念に取材した記者がたどり着いた“真実”。

少年犯罪の本質に深く切り込んだ渾身のノンフィクション。

記事のタイトルとは違いますが、前科ではなく服役中です。

存在を認めてくれないだけでどのように犯罪を犯すきっかけになってしまうのか?をより深く知りたい方はオススメします。

人はかならず、やり直せる

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
人はかならず、やり直せる (中経出版)
著者 進藤 龍也

18歳でヤクザにスカウトされ、前科7犯。

刑務所へ服役中に聖書を読み回心し、現在は牧師として伝道につとめるかたわら日本中の拘置所や刑務所を訪問している著者の、破天荒な人生を描いた感動のドキュメント。

元ヤクザが聖書のきっかけで牧師になったのか?
どのように悔い改めて人生をやり直してきたのか?
を知りたい方はオススメします。

未来はだれでも変えられる

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
未来はだれでも変えられる
著者 進藤 龍也

元ヤクザの牧師・進藤龍也師。師の主宰する教会には、じつに多種多様な人たちが集まる。

そうした中で、「人生をやり直す」ために奮闘する人たちの生き様を進藤師自身が物語る。

すべてを一からやり直そうとする人たちの姿が、勇気と希望を与えてくれる一冊。

前科持ちでも関係なく、人生をやり直すほど勇気がない方はオススメします。

心の居場所が見つかれば人生はいつでもやり直せる

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
心の居場所が見つかれば人生はいつでもやり直せる200人の受刑者が生まれ変わった教誨師の奇跡の言葉
著者 中村 陽志

熊本刑務所の教誨師として、受刑者と向き合って10余年。

中村牧師は「行列のできる」教誨師としてその名を馳せている。

かろうじて死刑を免れた凶悪犯が多く刑に服していることでも知られる熊本刑務所。

その多くが無期懲役、すなわちほぼ一生を塀の中で過ごす人々だ。

自ら望んでその教誨師となった著者はこれまで200人もの受刑者を更生の道に導いてきた。

受刑者たちは自らの罪の深さに向き合い、他人も自分も赦されることを学び、やがて心の居場所をみつけて生きる目的を見つけていく。

「なぜ死刑にならずに生かされたのか?」という問いを自ら、そして中村牧師と一緒に重ねるうちに心が溶け、希望を持って毎日を送るに至る彼らの変貌ぶりからは、「生きる」こと「生かされる」ことの本当の意味を深く考えさせられる。

「塀の中でもこれだけの希望に満ちた生活をしている、ましては塀の外にいる我々においておや」と日常生活のつまずきや解消の大きなヒントにも。

中村牧師から発せられる「奇跡の言葉」のエッセンスをわかりやすくまとめた本書。

失意のどん底にいてもなお生きる希望を見いだす言葉の力は、明日を生きる原動力に。

10年くらい受刑者を向き合った中村牧師が考えた心の居場所を見つけて希望を持っていける方法を知りたい方はオススメします。

人生を変える出会いの力―闇から光へ(単行本)

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
人生を変える出会いの力―闇から光へ
著者 五十嵐 弘志

前科三犯、延べ約20年間を刑務所の中で過ごしてきた著者が、さまざまな出会いをとおして自分自身を見つめ直し、支援者や元受刑者の仲間たちと共に再犯のない社会の実現を目指して立ち上がる。

回心と償い、再生と希望の物語!

現在、単行本しか対応していませんが、再犯のない社会の実現を目指して活動をしているNPO法人「マザーハウス」代表として書いてきた本を読みたい方はオススメします。

特定非営利活動法人マザーハウスの公式サイトはこちらへ

フェイスブックもありますのでこちらへ


以上になりますが、紹介記事で前科者に対してイメージを変えるきっかけになれば・・・と思っています。

前科に関する記事を紹介します。

他に個人的に紹介したいキンドル本と電子書籍リーダーがあります。

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました