優秀なOS(オペレーティング システム)を開発した世界の大富豪マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツの名言

マインド

ビル・ゲイツの名言を伝えていきたいと思います。

マインドセットに役に立つビル・ゲイツの名言25選

  • 問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。
  • 悪い知らせは、早く知らされなければならない。
  • 成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだけだよ。
  • とてつもない大波が来れば、それに乗りたくもなるさ。
  • 成功は、最低の教師だ。優秀な人間をたぶらかして、失敗などありえないと思い込ませてしまう。
  • ウィンドウズにどんな機能がついているべきかを決めるのは誰なのか。
    それは、ウィンドウズを買ってくれる消費者だ。
  • 最初から、我々の目標は「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。
  • 私はものごとをとことん突き詰めるのが好きなんだ。
    そうすれば、たいてい良い結果が出るから。
  • 一心不乱に働くこと、ベストを尽くすことが嫌だというなら、
    ここは君のいるべき職場ではない。
  • 我が社の株はハイテク株で、ハイテク株は変動が激しい。
    株価は我が社の貢献を反映するものではない。
  • 確かなことがひとつある。
    私が自分の子供たちに大金を残さないということだ。
    金を残すことは彼らのためにならない。
  • 同じ決断を二度するな。
    最初の決断に充分時間をかけて確固たる決断を下せば、同じ問題を二度考えずに済む。
  • ビジネスは面白いゲームだ。
    最小限のルールで激しい競争がある。
    点数は稼いだ額で決まる。
  • 必要なのは強力なチームだ。
    なぜなら、どんなに良く管理されようと、平凡なチームからは平凡な結果しか生まれないからだ。
  • マイクロソフトにはたくさんの素晴らしいアイデアがあるが、それらは皆、トップの人間から来たものである印象がある。
    残念ながらそれは間違った印象だ。
  • 若い人を優先的に雇っている理由は、若い人の方が向上心があるし、新しいアイデアがどんどん出てくるからだ。
  • 成功の鍵は、的を見失わないことだ。
    自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。
    会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。
  • 父も母も、息子が一流大学を中退して、誰も聞いたことがない「マイクロコンピュータ(パソコン)」なんてものの会社を始めると聞いて、内心がっかりしたと思う。
    それでも、二人はずっと応援してくれた。
  • 我々には、偉大な大物たちが見過ごしてしまったアイデアがあった。
    我々は常に、トップの座を守るために必要なアイデアを見逃しはしなかったかと考えている。
  • リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。
    不安はあっても、「上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか」というぐらいの勇気はなくてはならない。
  • 自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。
    会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。
  • 「知識は力なり」というふるい諺があるが、これはときとして人に知識を独占する気持ちにさせる。
    知識を独占することで自分が欠かせない存在になると信じるからである。
    力は知識を隠しておくことからではなく、分かち合うことから生まれる。
    会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。
  • 私は過去を後悔するような無駄なことはしない、私は決断をした。
    そして、その決断を全うする最善の方法は、ひとたび決断したら決してぐらつかないことだ。
    もしかしたら偉い医者になっていたかもしれないのにとか、すごいテニスプレーヤーになれたかもとか、あるいはプレイボーイ、あるいはポーカーの名手になれたかも、などと考えてはならない。
    自分が決めたことを上手くやり遂げるには、覚悟を決めて、自分の仕事に前向きにならなければならない。
  • 人から、誰よりも頭のいい友達がいるからぜひ会ってみろと言われると、警戒心がむくむくと頭をもたげてくる。
    人は往々にして、自分が直接会った人や出来事は特別だと思い込んでしまう。これは人間の性質だ。
    人は誰でも、最高の人と知り合い最高の出来事を知りたいと思っている。
    だから、自分が知り得た人や物のメリットを過大評価してしまうのだ。
  • ユーザーにはプロトコルっや略語を覚える気はないから、そうしたものは隠してしまわなければならない。
    ソフトをインストールすること自体、意識させないようにしなければならない。
    ユーザーにはインターネットの散歩を楽しんでもらえればいいのであって、その裏で行われているコードの確認作業を意識させてはならない。

ビル・ゲイツが考えるスマートシティという未来都市

マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツは新しい切り口を開く未来都市を作るために投資をしています。

建設場はアリゾナ州フェニックスの近くにある砂漠地域です。

なぜ、アリゾナ州の砂漠地域なのか?

それは、この地域で過去に何人かの投資家が同じようなプロジェクトを実現するアイデアが1990年代末から存在していたからです。

ビル・ゲイツが理想する未来都市とは、自動車が動き回るハイテク都市のことです。

これから住む住民たちは高速なデジタル通信ネットワーク、データベース、自律走行車、自動配送センターを利用できるだろうと考えています。

目標は、面積と人口で近隣のテンピ(人口18万2,000人)に近い都市を建設することです。

最寄りのインターチェンジのひとつ、州間高速道路11号線(I-11)になる予定だそうです。

ベルモント、ラスヴェガス、リノにある高速道路の区間はすでに開通したそうです。

2050年の問題の対策として約25億人が住む設定で、すでに計画を進んでいます。

どの街より最先端のテクノロジーが集まった街が完成できたら見てみたいと思っています。

まとめ動画


以上になりますが、ビル・ゲイツが理想する
未来都市ができるまで気長に待ちたいと思います。

海外でビジネスを成功してきた偉人の名言記事

それともう1つ、ビル・ゲイツに関する本も紹介します。

キンドル本で紹介するビル・ゲイツ関連本一覧

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました