現代経営学の発明者ピーター・ドラッカーの名言

マインド

ビジネスを成功したピーター・ドラッカーの名言を伝えていきたいと思います。

マインドセットに役に立つピーター・ドラッカーの名言25選

  • 一つの成果を得る為には数千のアイデアを育てなければならない
  • 誰かが勇気ある決断をしなければ、どんな事業も成功しないだろう
  • 真のマーケティングは顧客から出発する。すなわち人間、現実、欲求、価値から出発する
  • たいていの経営者はその時間の大半を過ぎ去った「きのう」の諸問題に費やしている
  • どんな人でも努力すれば、“それなりの能力”は身につけることが出来る。そして、この世で成功するためには、“それなりの能力”があれば十分なのである
  • 以前にも成功をおさめたからといって、今度も以前と同様の仕事のやり方をし続ける経営者というものは必然的に失敗する運命にある
  • 非合理的な顧客なるものは存在しない。顧客は顧客にとっての現実にもとづいて合理的に行動している
  • 経営者がかならず身につけておかなければいけない、大事な要素がひとつだけある。それは”品性”である
  • リスクには2種類ある。踏むには危険が大きすぎるリスク。それと逃すにはあまりにも惜しいリスクだ
  • 人間にとって成長ないし発展とは、何に対して貢献すべきかを自らが決定できるようになることである
  • コミュニケーションで最も大切なことは、相手の言わない本音の部分を聞くことである
  • いかなる成果もあげられない人の方がよく働いている。
    成果の上がらない人は第一にひとつの仕事に必要な時間を過小評価する。
    第二に彼らは急ごうとする。
    第三に彼らは同時にいくつかのことをしようとする。
  • 完璧な青写真なるものは、二重に人を欺く。
    それは、問題を解決できないだけでなく、問題を隠すことによって、本当の解決を難しくする
  • 優れた医者というのは、正しい診断を最も多く下す人ではない。
    誤った診断をすばやく見つけ、それを直ちに改めることのできる人である
  • 自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由となる。
    責任をもつがゆえに、自由となる
  • 時間こそ真に普遍的な制約条件である。
    あらゆる仕事が時間の中で行われ、時間を費やす。
    それなのに、ほとんどの人が、この代替できない必要不可欠な資源を重要ではないもののように扱う。
  • マーケティングは事業全体を完全に包含する。
    それは最終成果の観点、つまり顧客の視点から見たビジネスすべてである。
    それゆえにマーケティングに対する配慮と責任は企業全体に浸透していなければならない
  • おそらく今日、高等教育を受けた人の割合が世界でもっとも多い国が日本である。
    日本にとっての問題はいかにして彼ら高等教育を受けた人たちを生産的な存在にするかである
  • 忠誠心を買うことはできない。
    獲得すべきものである。
    金の力で引き留めようとすれば、引き留められた者が誘惑に対する自分の弱さを会社のせいにするだけである
  • 現実とつじつまが合わないイノベーションを手掛けてはいけない。
    そのようなイノベーションが実を結ぶことは希である。
    たんにその新奇さのゆえに、魅力的に見えることが少なくない。
    しかし、それらの多くはたとえ失敗しなくとも、莫大な資金と時間を要する
  • 歴史上いかなる国においても、
    企業とくに大企業は株主のためにのみマネジメントすべきであるという主張はもちろん、主として株主のためにマネジメントすべきであるという主張さえ、主流になったことはない
  • 果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。
    いくつかの習慣的な姿勢と基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。
    しかし、組織というものが最近の発明であるために、人はまだこれらのことに優れるに至っていない
  • 真のイノベーションと新奇さを混同してはいけない。
    イノベーションは価値を生む。
    新奇さは面白いだけである。
    ところが組織の多くが毎日同じことを行い、毎日同じものをつくることに飽きたというだけで、新奇なものに取り組んでしまう
  • 間違いや失敗を犯したことのない者というのは、単に無難なこと、安全なこと、つまらないことしか、やってこなかっただけである。
    逆に優れている者ほど、数えきれない間違いを犯すものであり、これは常に新しいことに挑戦している証拠である
  • 事業を行うときは、次の4つの条件を満たしておかなければならない。
    まず経営環境、使命、強みが現実と一致していること。
    そして、それらの条件が互いに合致していること。
    そして、周知徹底されなければならない。
    さらに、たえず検証されなければならない

Error

ネットビジネスに欠かせない思考を教えてくれるドラッカーの生い立ち

1909年、オーストリア=ハンガリー帝国(1918年に解散しました。)のウィーンで生まれました。

1929年、フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガーという経済新聞に入社して記者になる。

4年くらい記者として働いていましたが、政治に絡む論文を書いたきっかけでナチスに怒りを買われてドイツからイギリスのロンドンに逃げました。

ある論文とは、「フリードリヒ・ユリウス・シュタール論保守主義とその歴史的展開」です。

脱国後、投資銀行に転職しました。

1939年、アメリカに引っ越ししたあと、ドラッカーの最初の作品の「経済人の終わり」を出版しました。

出版してみた結果、評判が良かったので経営学者として道を歩み始めました。

1942年、バーモント州ベニントンのベニントン大学教授になり、ドラッカー流のマネジメントを生徒たちに教えていました。

その後、ベニントン大学→ニューヨーク大学→クレアモント大学院大学の教授として2003年まで務めていました。

30歳のとき、「経済人の終わり」を出版したきっかけで経営学の世界に入って95歳で亡くなるまで65年間、「経営者の条件」「非営利組織の経営」「マネジメント・フロンティア」など
50冊くらい書き続けました。

まとめ動画


以上になりますが、ネットビジネスを本格的に始めたいならドラッカーの本を読んでみませんか?

海外でビジネスを成功した偉人名言記事一覧

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました