人間の本質を知る心理学を考えたデール・カーネギーの名言

スキルアップ

セールスに関する研究をしたデール・カーネギーの名言を伝えていきたいと思います。

マインドセットに役に立つデール・カーネギーの名言25選

  • 起こりうる最悪の事態を直視しろ。
  • 友を得るには、相手の関心を引こうとするよりも、相手に純粋な感心を寄せることだ
  • 物事に熱中できなければ、いくら才能があってもいつまでも芽を出さない
  • 人を熱烈に動かそうと思ったら、相手の言い分を熱心に聞かなければならない。
  • 私は底まで落ちたが、とにかくそれに耐えてきた。
    これから上へ行くだけだ。
  • 人間は、他人のことには関心を持たない。
    しかし、朝も昼も晩も、ひたすら自分のことに関心を持っている。
  • 気にする必要もなく、忘れても良い小事で心を乱してはならない。
    小事にこだわる人生はあまりにも短い。
  • 時間が多くのことを解決してくれる。
    あなたの今日の悩みも解決してくれるに違いない。
  • 人を動かすには、相手の欲しがっているものを与えるのが、唯一の方法である。
  • 他人のために尽くすことだ。そうすれば、つまらない劣等感など、七月のとうもろこし畑にかかる朝露のように、跡形もなく消え失せてしまう。
  • もし結婚生活が暗礁に乗り上げそうになったら、自分の伴侶の好ましいところと、夫や妻としての自分の至らないところを表にして比較してはどうか。
    人生の転機となるかも知れない
  • 人の生き方には二種類しかない。
    一つは奇跡など起こらないだろうと思う生き方、もう一つは、奇跡は、必ず訪れると思う生き方
  • 話し上手になりたければ、聞き上手になることだ。
    興味を持たせるためには、まずこちらが興味を持たなければならない。
  • この問題の焦点は、物事を突き詰めて考えすぎないことだ。
    くだらない悩みは笑いで吹っ飛ばそう。
    笑って悩みを追っ払うことは決して不可能ではない。
  • 最善を尽くそう。そのあとは古傘をかざして、非難の雨が首筋から背中へ流れ落ちるのを防げばよい。
  • まず相手を褒めておくのは、歯科医がまず局部麻酔をするのによく似ている。
    もちろん、あとでガリガリやられるが、麻酔はその痛みを消してくれる。
  • 議論に勝つ最善の方法は、この世にただひとつしかないという結論に達した。
    その方法とは「議論を避けること」だった。
  • 誤解は、議論をもってしては永遠に解けない。
    気転、外向性、慰め、いたわり、そして、相手の立場で同情的に考える思いやりをもってして、初めて誤解は解ける。
  • 死ぬまで人に恨まれたい方は、人を辛辣に批評してさえいればいいでしょう。
    その批評が当たっていればいるほど、効果がてきめんです。
  • 自分のほしいものが手に入らなければ、自分が今持っているものに対して感謝することだ。
    些細なものが手に入らないからと愚痴を言わないで、自分には感謝すべき大きなものがあることを常に考えるべきだ
  • もし自分が間違っていたと素直に認める勇気があるなら、災いを転じて福となすことができる。
    過ちを認めれば、周囲のものがこちらを見直すだけでなく、自分自身を見直すようになるからだ。
  • 熱中を得る方法は、自分の手がけている事柄を正しいと信じ、自分にはそれをやり遂げる力があると信じ、積極的にそれをやり遂げたい気持ちになることである。
    昼のあとに夜がくるように、ひとりでに熱中がやってくる
  • 成功者はみなゲームが好きだ。自己表現の機会が与えられるからだ。
    存分に腕をふるって相手に打ち勝つ機会、これが、いろいろな競争や競技を成立させる。
    優位を占めたい欲求、重要感を得たい願望、これを刺激するのだ
  • 相手は間違っているかも知れないが、彼自身は、自分が間違っているとは決して思っていないのである。
    だから、相手を非難しても始まらない。
    非難は、どんな馬鹿者でもできる。
    理解することに努めねばならない。
    賢明な人間は、相手を理解しようと努める
  • 今日という日は、悩みや後悔の硫酸で腐らせてしまうにはあまりにも貴重な日だ。
    頭をしっかり上げて、山の渓流に反射する光にきらきらと考えを輝かせよう。
    今日という日をしっかり掴まえることだ。
    二度と帰ってこないこの日を

Error

挫折を繰り返しながら転職してきたカーネギーが見つけた自己啓発

カーネギーは1888年、アメリカのミズーリ州にある貧しい農家の元で生まれました。

大学生のとき、大学の学生寮の寮費が払えないほど貧乏だったので、家から馬に乗って通学しました。

それだけではなく、オシャレやいい服が買えないため、異性にモテモテになってくれませんでした。

貧乏で色々苦労してきたカーネギーは、金持ちになるためにビジネスを成功しよう!と強く誓いました。

大学卒業後、セールスマンとして物を売る仕事をしてきました。

しかし、都会に対する憧れがあったため、セールスマンをやめて俳優を目指してニューヨークの俳優養成スクールに入学しました。

しかし、稼ぐことができないと悟ってしまったカーネギーは俳優をやめてセールスマンに戻りました。

その後、販売員、小説家、雑誌記者などいくつかの転職を繰り返しました。

転職し続けてきた先、YMCA(キリスト青年協会)という講座の講師にたどり着きました。

最初は生徒たちを嘘を付いたり、飽きさせてしまったなど失敗をして注目されませんでしたが、1929年の世界大恐慌のきっかけで成功への道を導くことになりました。

破産や失職してしまったビジネスマンが転職を経験したカーネギーの講座に興味を持って聞きに来てくれる人が増えてきたため、自己啓発として注目されるようになりました。

その注目で知名度が大きく上がったので、1936年、「人を動かす」というに本を出版してみたら大ヒットに繋がりました。

続いて「道は開ける」「カーネギー話し方入門」「人生論」「セールス・アドバンテージ」など、ベストセラーを誇る作品を出版して大成功になりました。

自動音声で聞く名言動画


以上になりますが、転職を繰り返しながら苦労をしてきた経験から見つけた自己啓発が成功を導いたのはすごいなと思っています。

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました