ネットビジネスのビデオマーケティングで覚えるユーチューブの成功体験

マーケティング

ボクのブログを読んで頂いているあなたはスマホとパソコンでネットを通して読んでいますよね。

いつもネットを利用しているあなたなら知っていると思います。

YouTube(ユーチューブ)という存在を。

ユーチューブで再生数を稼いでいる人は、顔を出していかないとダメ。

道具が沢山必要!

高いムービーカメラが必要!

高度な動画編集技術が必要!

と、難しく考えている人いませんか?

どれも必要はないです。

それがなくでもパソコンと動画編集ソフトだけあれば大丈夫です。

 

ネットビジネスのビデオマーケティングで成功体験を覚えるためにテキスト動画を作ろう!

ユーチューブやニコニコ動画など動画サイトを見るのは楽しいけど、いざとなったら自分で作るとなるとどうすればいいの?って悩んでいる人は少なくないでしょう。

そこで一番楽で一番簡単な作成方法はあります。

それは・・・テキストコピペ動画です。

なぜ、テキストコピペ動画なのか?というとニュースになっている記事と2ちゃんねるなど話題になっている書き込みの内容をそのままコピペするだけならすごく楽だからです。

ユーチューブでニュースや2ちゃんねるなど話題になっている記事と同じテキストをそのまま貼り付けて流してる動画が多いなぁ・・・と感じた人いますか?

まさにそれがテキストコピペ動画です、はい。

書き込みが映画のエンドロールみたいにそのまま下に流れる、真ん中にゆっくり現れてゆっくり消えていくような感じで動画を作っている人いますよね。

初めは、え?何なの?と思うかもしれませんが、気付けば、ゆっくり文章を読んでしまい、結構面白くてついつい見てしまった!って思っている人いませんか?

いるなら関連が強い動画まで見てしまうという謎の依存性に引っかかっているはずです。

そう、本能だからつい、テレビのように他の動画を見てしまうんですよ(笑)

しかし、コピペだけの動画は著作権的にブラックに近いグレーの部分なので今は大丈夫だとしても将来はアウトになる可能性はあります。

当然、時代の流れはルールが増えたり、変わったりします。

日本の場合はそういう部分に関してはすごく不便です。

なぜなら日本は、「ルールを守る国」だからです。

日本人にとってはルールは守るもの・・・。

一度決めたことを守り続けることが美しいと考えている文化である。

だからその動画を作って出したらすぐにこの動画は著作権侵害だ!通報しなきゃ!と思ってコメントを残している人いますよね?

ああいうやつはパトロール気取りをした第3者であって正義感が強い人だけで自分が一番正しいと思い込んでいるバカです。

だって、第3者が通報したところで通報をした本人に被害されてないのに何の得があるのですか?ないでしょう?

ああいう人は冷静になれない子供の駄々です、ほっときましょう。

ある程度は必要悪だとボクは思っています。

ここからはあくまで個人の考えですが、

なぜ、著作権侵害に引っかかるようなテキストコピペ動画が沢山あるのに消されないのか?

それは、グーグルが統計学が大好きな企業だからです。

グーグルにとっては、統計で全く再生数が伸びない=需要がない=低品質ならダメだけど、再生数が多い動画ならまあ、仕方がないか。と流しているだろうと思います。

だから、再生数がある動画ならほとんど許していると思います。

しかし、だからと言ってテキストコピペ動画のままで作り続けるのは長期的から見て危険です。

あくまで、動画を作ったという成功体験をするのが目的ですので2~3つの動画を作って出せば、十分です。

ビデオマーケティングのユーチューブで著作権を上手回避できて、再生数をいっぱい稼ぐ方法

テキスト動画を作るためにはまず、再生数が稼ぎやすい話題キーワードが必要です。

そのためにはヤフーのリアルタイムと2ch勢いランキングを利用して調べてみましょう。

こちらへ→ ヤフーのリアルタイム  2ch勢いランキング

話題キーワードを決めたらその話題キーワードに関する画像を選びましょう。

次は、動画ソフトで作ってみましょう。

パソコンに付いているソフトムービーメーカーで動画編集して材料となるものを張ってみましょう。

ボクの場合は中古で買ったもので一応ムービーメーカーをダウンロードしました。

しかし英語なので日本語になるようにしましたが、失敗したため利用したことありません。

アドバイスはできません。

代わりにWondershare Filmoraという動画編集ソフトを使っています。

やり方は簡単で作りやすいのでオススメします。

こちらへ

あとは、テキストの部分ですが、ニュースや2ちゃんねるで話題になっている記事のテキストをコピペして貼ったあと、一部だけ自分で文章を考えて書き加えます。

またはテキストコピペした内容の最後に出典~を付ける。

例として出典 ◯◯作者“児童ポルノ”所持 | NNNニュース

あとは、関連キーワードと関連動画の中で再生数が多い動画を紹介してみるとかやってみると再生数が上がってくれると思っています。

参考としてボクのチャンネルを紹介します。

こちらへ


以上になりますが、動画作成でいい成功体験を覚える喜びを味わってみて下さい!

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました