グーグル先生を生み出すきっかけを与えたGoogleの創業者ラリー・ペイジの名言

マインド

ラリー・ペイジの名言を伝えていきたいと思います。

マインドセットに役に立つラリー・ペイジの名言24選

  • エンジニアこそ巨大な変化をもたらすことができる。
  • 教育は歯磨きのようになるべきだ。
  • イノベーションは小さなグループから起こる。
  • 勤労は奴隷制度だ。AIによって、我々人間はいつかの苦役から自由になる。
  • まだまだ改善の余地は大きい、我々はこの分野ではまだ途についたばかりです。
  • いつも驚くのだが、テクノロジーについて知れば知るほど、まだまだ知らないことがあると気づく。
  • グーグルはまだ10歳だが、革新的であり続ける努力が必要だ。
    私は今こそ変革を行う。
  • 現代のテクノロジーという水平線を見渡せば、次にできることが見えてくる。
    テクノロジーについて知れば知るほど、さらなる可能性が広がる。
  • 「我々幹部は毎日、数時間を共に過ごし、他の時間はそれぞれ自分のチームと仕事をする」という形にすれば、もっと仕事がスムーズに進むと考えました。
  • 我々は、世に存在するデータにもっとアクセスできるようにしたいと考えています。
    しかし、実現できないのでフラストレーションを感じています。
  • 途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。
    「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。
  • ユーザーのために最高のものをつくりだすことが我々の重要課題です。
    世界中で直面してきた様々な問題を通して、我々はそれを長期にわたり実証してきたと思います。
  • 多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。
    しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。
  • Google創業者のラリー・ぺイジとサーゲイ・ブリン、またエリック・シュミットら、経営陣が共有していた考え方が、「優秀な若者の力を活かす」ということです。
  • 我々の本質は以前と同じです。
    目指しているのは、技術の進歩を活用して、人々を助け、暮らしを良くし、よりよい社会に結びつけること。
    いま取り組んでいる多くのプロジェクトも、技術を使った人助けに関係するものばかりです。
    成し遂げるべきことはたくさんあります。
  • 創業者であるサーゲイ・プリンとラリー・ペイジは人びとが必要な情報に迅速かつ的確にたどり着ける道筋を世の中に提供したいという思いだけで、金儲けどころか起業という発想すらないまま「ページランク」の仕組みをつくったのです。
    ひたすらユーザーが喜んでくれることを考え、いやもっといえば、自分たちがほしいサービスを追求すれば、必ず社会から認められる、グーグルではそう考えます。
  • 業界全体が訴訟に傾いているのは悲しむべき事態です。
    優れた製品開発にではなく、弁護士などに巨額の費用が使われてしまっている。
    こうした訴訟に手を出すのは、ライフサイクルの終わりに近い落ち目企業や、ありのままの姿で競争する能力に自信がない企業です。
  • リスクについて少し話しておこう。
    私はリスクを恐れてGoogleを始めるのを非常にためらった。
    ご存知の通り博士課程を中退しなければならなかったからだ。
    大いに悩んだ。中退したら戻れない。でも大したことじゃないと思うことにした。
    失業するのとは違う。Googleがうまくいかなくても上々の暮らしは送れるはずだ。
  • ミスを犯してくれて大変嬉しい。
    「あまりに慎重でほとんど何もしない」のではなく「迅速に動き、たくさんのことをする」会社を私は経営したい。
    もしこうしたミスをまったく犯さないとすれば、私たちは十分なリスクを取っていないことになる。
  • 大きなことをする ほうが小さなことをするより容易だ。
    変に聞こえるだろうが、本当に大きなことをしていると、他の人の助けが得られる。より多くの人が助けてくれる。
    必要な資源がより多く手に入る。
  • 私達は大事な役目を背負っており、インターネット、そして、その仕組みを改善しようと試みている。
    情報がどのように伝わっているのか、何に人々は集中するべきなのかを誰かに尋ねてもらいたい。
    今よりもコミュニケーションは改善されるはずだ。
    企業や政治家に訊いてもらいたい、人々が何に注目するべきなのかに関して、同じような問題を持っているだろう。
  • Googleではイノベーションとリスクを強く奨励している。
    でも、それはなかなか自然には起こらない。特に会社の中では。
    そこで従業員全員に20%の時間を与えている。
    その時間は何でも一番やりたいことを自由にやるのだ。
    その中からイノベーションが生まれている。
    GmailもGoogle Mapsもそうやって生まれた。
  • 不可能に対して健全な疑念を持て。
    君たちにはエンジニアリング、テクノロジー、ビジネスの能力を活用して世界を変える大いなるチャンスがある。
    重要なことをしろ。楽しめ。さもなければ成功は望めない、旅をしろ、中国・アフリカ・インドがお薦めだ。そこには驚くべきことが沢山ある
  • イノベーションとは、単なるハードに限らない。
    また特にITにおいては、メーカーだけではなく、ユーザーの視点から生み出されることも多い。
    たとえばGoogleを創業したラリー・ぺイジとセルゲイ・ブリンはユーザーの視点からイノベーションを起こした。
    日本ではNHN Japanの森川亮社長が「LINE」というイノベーションを起こしている。
    すでにある技術を組み合わせることで、社会的に必要性のあるものを生み出すこと。
    それがいまのイノベーションである。

Error

片側声帯麻痺という病気を乗り越えながら成功していくラリー・ペイジ

インターネットを使っているみなさんは、グーグルという検索サイトを知っていますよね?

グーグルを作った人の名前を知っている人はどれくらいいますでしょうか?

多分、知らない人のほうが多いと思います。

1973年、アメリカのミシガン州で生まれたラリーは、コンピューター関連の会社で働いている両親の影響で6歳のとき、パソコンを趣味として始めたそうです。

趣味でプログラミングを遊びながら技術を身につけていました。

計算機工学の修士号を取るためにミシガン大学からスタンフォード大学院に進学しました。

在学中、ラリーと同じ修士号を取るためにメリーランド大学カレッジパーク校から来たセルゲイ・ブリンに出会い、新たな検索エンジンを作ると決心して一緒に計算機科学の修士号を取りました。

1998年、取得した後、スタンフォード大学を休学してグーグルを設立しました。

設立してから従業員200人くらいになった2001年4月頃までは、共同社長兼最高経営責任者を務めていました。

やめた理由は、グーグルで働く人の中で一番責任が重い立場だったからストレスが強かったため、片側声帯麻痺という病気が起きたんだなと思っています。

しかし、2011年4月頃に最高経営責任者として復帰しました。

復帰するまで10年間、片側声帯麻痺を克服するためにリハビリをしていたと思います。

2015年10月の頃、グーグルの組織再編のために設立したアルファベット社の最高経営責任者として務めています。

自動音声で聞く名言動画


以上になりますが、10年間のリハビリに関しては情報が少ないですが、グーグルの最高経営責任者に戻る!という強い決心で思っているより努力をしていたと思います。

他の名言記事も紹介します。

海外でビジネスを成功した偉人の名言記事一覧

それともう1つ、ラリー・ペイジ、又はグーグルに関する本も紹介します。

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました