仮想通貨時代の波に乗りこなせ!アマゾンのキンドルで読んだオススメの仮想通貨の電子書籍本①

どうも、KANTAです。

今回はキンドルで仮想通貨に
関するものを読んでみて個人的にオススメしたいなと
思っている本があります。

仮想通貨に関する本を10冊紹介したいと思っています。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)
著者 佐藤 航陽

【発売前重版決定!話題沸騰】
仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー、評論経済。

「新しい経済」を私たちはどう生きるか。

メタップス創業者が明かす、資本主義の先の世界。

〈資本主義を革命的に書き換える「お金2.0」とは何か〉
2.0のサービスは、概念そのものを作り出そうとするものが多いので、
既存の金融知識が豊富な人ほど理解に苦しみます。

あまりにも既存社会の常識とは違うので「今の経済」の
メインストリームにいる人たちにとっては懐疑や不安の対象に
なりやすいといった特徴もあります。

そして、それこそが全く新しいパラダイムであることの証でもあります。

本書ではまずお金や経済の仕組みから、テクノロジーの進化によって生まれた
「新しい経済」のカタチ、最後に私たちの生活がいかに変わるか、
の順番に解体していきます。

ビットコインだけではなく、生き方を学ぶところもありますので
お金についてよく学びたい方はオススメします。

ビットコインとブロックチェーン

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術
著者 アンドレアス・M・アントノプロス 翻訳 鳩貝 淳一郎 今井 崇也

世の中を変えるFinTechのバイブル、邦訳がついに登場!

「ブロックチェーン」に基づく暗号通貨「ビットコイン」の
本格的な解説書Mastering Bitcoinの翻訳。

ビットコインの背後にあるブロックチェーン、
暗号理論、P2Pネットワーク等を詳細に記載し、
グラフや具体例を示しながらわかりやすく解説。

類書にはない深い知識が得られる、ビットコイン、
ブロックチェーンを理解するための必読書。

ビットコインとブロックチェーンとは?
基本と基本より少し上にある知識を学びたい方はオススメします。

デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語
著者 ナサニエル・ポッパー  翻訳  土方 奈美

世界の歴史を変える一大発明か。

脆弱で信用ならない「まがいもの」か。

ビットコイン揺籃期の狂騒を、NYタイムズ記者が鮮やかに描く!

「来たるべき世界について知りたいのなら、欠かせない1冊だ」
──『スティーブ・ジョブズ』著者、ウォルター・アイザックソン

「サトシ・ナカモトをはじめとする『ビットコインの神』たちが
織りなす壮大な物語は、非常に読み応えがある」
──「フィナンシャル・タイムズ」書評

「『事実は小説より奇なり』を実感した」
──元米財務長官 ローレンス・サマーズ

各紙誌で絶賛の嵐!
FT&マッキンゼーによる2015年「ビジネス・ブック・オブ・ザ・イヤー」
年間ビジネス書大賞 最終候補作

メールの差出人は「サトシ・ナカモト」という見慣れない名前で、
内容はビットコインという、そそられる名前の「デジタル通貨」に関するものだった──
わずか数年で数千億円規模の産業へと急成長を遂げたビットコインだが、
その始まりは、10ページに満たない地味な学術論文だった。

国境を越える仮想通貨で、政府やウォール街に
戦いを挑もうとした理想主義者たち。

キャリアを捨てて一攫千金を狙う金融エリート。

違法薬物取引市場「シルクロード」の決済に利用し、
ネット最大の闇サイトに育て上げた青年。

一夜にして数百億円を「蒸発」させたマウントゴックス関係者。

「デジタル世界の金」としてのポテンシャルに
目を付けたシリコンバレーの起業家・投資家たち。

本書は、ニューヨークタイムズ記者である著者が、
2009年から2014年にかけて世界中のビットコイン関係者に直接取材し、
その実相について掘り下げたルポルタージュ。

さまざまな異端児たちが主役を演じた初期から、
フィンテックの中核をなす技術として
産業化されていくまでの様子を克明に記している。

ビットコインのしくみ、ブロックチェーンの進化に
ついても時系列に沿って丹念に解説しており、
今後の応用について考えたい専門家や
ネットビジネス関係者にとっても、必読の1冊だ。

ビットコインを歴史の映画のように
楽しめたい方はオススメします。

ブロックチェーン・レボリューション

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
ブロックチェーン・レボリューション
――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか
著者 ドン・タプスコット アレックス・タプスコット 翻訳 高橋 璃子

世界経済に将来、最も大きなインパクトを与える技術が誕生した。

人工知能でも、自動運転車でもない。

IoTでも、太陽エネルギーでもない。

それは、「ブロックチェーン」と呼ばれている――

クレイトン・クリステンセン(『イノベーションのジレンマ』著者)
スティーブ・ウォズニアック(Apple共同創業者)
マーク・アンドリーセン(Netscape開発者、Facebook取締役)
伊藤穰一(MITメディアラボ所長)
ら多数の著名人が激賞する、「ブロックチェーン」解説書の普及版にして決定版。

インターネットに比肩する発明によって引き起こされる革命の全貌が、
多数のキーマンや企業への取材によって明かされる必読の1冊。

ブロックチェーン技術について1から学びたい方はオススメします。

仮想通貨&ビットコイン投資で得するコレだけ! 技

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
仮想通貨&ビットコイン投資で得するコレだけ! 技
著者 国府 勇太

仮想通貨をはじめるための最高の1冊!

現在、仮想通貨が投資対象として注目されています。
2017年8月にはビットコインが過去最高値を記録。その投資熱は衰えを見せていません。
サイバーエージェントやGMOが仮想通貨取引に参入するなど、
今後、仮想通貨取引は爆発的な普及を見せるだろうと考えられます。

本書では、仮想通貨取引の概要から口座開設、売買、セキュリティ、保管、
ワンランク上の取引方法までを、わかりやすく解説します。
本書で解説する取引所は、国内最大手であるbitFlyer。
仮想通貨を始めるための最良の1冊です!

ビットコインの超初心者として入門したい方はオススメします。


マンガで納得! よくわかるビットコイン&仮想通貨

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
マンガで納得! よくわかるビットコイン&仮想通貨
著者 田代 昌之

マンガだから、わかりやすい!

「ビットコイン」「仮想通貨」について
今さら聞くのがちょっと恥ずかしい

・「ビットコイン」とは?

・「仮想通貨」の「仮想」の意味

・「ブロックチェーン」の仕組み

・「ビットコイン」の安全性

などの基礎知識を含め、
「口座開設」まで、マンガで解説!

初心者でも、今から始められる
「ビットコイン」「仮想通貨」入門!

【目次】
第1章 仮想通貨って何?
第2章 仮想通貨の仕組みは
どうなっているの?
第3章 仮想通貨は
本当に安全なの?
第4章 仮想通貨を購入しよう!

ビットコインを漫画で覚えながら
読みたい方はオススメします。

プロはこうやって儲ける!ビットコイン相場の読み方

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
プロはこうやって儲ける! ビットコイン相場の読み方
著者 田代 昌之

内容紹介
2017年、たった1年で価格が20倍以上に上昇したビットコイン相場。

新たな投資先として熱い注目を浴びる仮想通貨の投資術を、
ビットコイントレーダーが解説します。

じかに手に取ることができないことから、
何だか不思議に思える仮想通貨の成り立ちや安全性、
金(ゴールド)などから導き出される合理的なビットコイン価格、
短期と中・長期の投資手法、仮想通貨に関わる法制度と税制、
値上がりが期待できる仮想通貨を紹介、
新たにビットコイン投資を考えるなら必見の1冊です。

ビットコインという新たな相場をどのように
考えて見極めてみたい方はオススメします。

トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」
著者 俣野 成敏 坪井 健

取引所と共にコインが消滅!?
利益の半分が税金に!?
仮想通貨特有のリスクを知れば怖くない!

手を出す前にしっかり知っておきたい、
「かしこいつきあい方」を伝授

マニアから一般へ、投資、決済、送金の手段として
急速に利用が拡大する仮想通貨。

その利便性から誰にとっても身近なものになるのは時間の問題だ。

その一方で、安全な管理の難しさやボラティリティの高さと
いった仮想通貨特有の問題があり、
法整備の遅れから不安定な取引所や詐欺が横行するなど、
「手を出す前に知っておくべき」リスクや不安が存在する。

本書は、そうしたリスクをしっかり示し、仮想通貨に対する
「漠然とした不安」を取り除く。

その上で、投資に対する心構えまでを踏まえ
「仮想通貨を味方にする方法」をやさしく説く。

ビットコインの相場に入る前にうまく付き合える方法を
知りたい方はオススメします。

仮想通貨の教科書

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
仮想通貨の教科書
著者 アーヴィンド・ナラヤナン ジョセフ・ボノー  エドワード・W・フェルテン

ビットコインを中心とした仮想通貨の情報技術面を詳述した教科書です。

ブロックチェーンやマイニングの仕組みや非中央集権的な
ピアツーピア通信を基礎から解説します。

プリンストン大学が開講した
オンライン講義コースをベースとしています。

Fintechの目玉とも言える仮想通貨の信用は、
ネットワーク参加者全体で相互に形成されており。

ネットワーク内の電子署名された
ピアツーピア通信の仕組みにより、安全性が確保されます。

ビットコインなどのすべての取引記録は、ブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録され、
ネットワークの各ノードに分散的に保存されます。

取引の整合性は、これにより全参加者が検証できる仕組みです。

本書には、多数のコラムが掲載されており、概略だけでなく、
従来のコンピュータ技術から見ると細かい気になるところにも触れています。

たとえば、本当に安全なのか、根拠とする理論は何か、などです。

ビットコインだけではなく、仮想通貨に関しての教科書として
学びたい方はオススメします。

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門

アマゾンはこちらへ
↓  ↓  ↓
堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門
著者 田篭 照博

ビットコインを支えるブロックチェーンの仕組み
Etheruemとスマートコントラクト開発
セキュアなブロックチェーンアプリ開発

ブロックチェーンの技術は、
ビットコインに代表される仮想通貨に使用されるだけでなく、
従来のように中央集中管理型のシステムに比べて、改ざんが難しく、
かつ低予算で構築できることから、幅広い分野への応用が期待されています。

例えば、地域通貨や電子クーポン、有価証券、
投票、電子チケットの偽造・転売防止などです。

本書では、ブロックチェーンの関連する暗号化技術などを解説します。

さらに、スマートコントラクト開発で注目される
Ethereum(イーサリアム)のセキュリティ対策まで言及しています。

多少は値が張るが、ブロックチェーンについて質が
高めに内容になっていますので本気で学びたい方はオススメします。


以上になりますが、読み放題より質のいい内容ですので
仮想通貨のことをもっと深く知りたい方は買ってみて下さい。

仮想通貨に関連しそうな記事を紹介します。

このブログだけでは言えない
ネットビジネスの裏技を伝授することができます。
稼ぐための裏技や考え方を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガを
こちらからご登録下さい。

LINEは「@lfl9691b」で検索するか
下のボタンから追加することで
100万円相当のプレゼントを
無料ですぐに受け取れます。

アフィリエイトに関する
100万円相当のプレゼント

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓