経済自由を目指している初心者がやりやすい無料オファーアフィリエイトの投稿方法

アフィリエイト

経済自由になりたい!お小遣いでもらえる副業を始めたい!月収100万円がほしい!・・・など、金がほしいというきっかけでアフィリエイトを始めた人がほとんどだと思います。

そのきっかけでアフィリエイトを全く知らない状態から始めて、はてなブログ、ライブドアブログ、FC2ブログなど、ブログサービスでブログ作成して記事を書き始めた。

または、フェイスブックやツイッターで積極的にフォロワーを集めてコメントを投稿していく。

その2つがよく見かけます。

始めたばかりの初心者がアフィリエイト関連で1番稼ぎやすい方法を教えたいと思います。

それは、無料オファーです。

アフィリエイト方法の1つ初心者に優しい無料オファーとは?

無料オファーとは、無料商品を紹介してユーザー達にメアドを登録してもらって利益を得ることです。

アフィリエイトセンターから紹介している無料商品の案件キャンペーンに参加して自分専用の紹介URLをもらってブログやSNSに貼り付けて広告をします。

流れとしてはまず、アフィリエイトセンターから開催中、または開催予定のキャンペーンに参加する。

参加したらキャンペーン内容を確認して紹介文を考えてアフィリエイトリンクを手に入れる。

紹介文が決まったら自分のブログ、ツイッター、フェイスブックなど貼り付けて無料オファーの広告をします。

広告を受けたユーザーの中に興味を持ったユーザーが広告主のページに飛んで、メールアドレスを登録してもらう。

すると報酬が発生します。

そんな感じでアフィリエイターとして集客を協力した活動で結果を出せば報酬がもらえます。

キャンペーンを紹介した広告主はメルマガ読者という存在が欲しいので、コストを支払っても1人でも多く集めたいと思っています。

登録してくれたメアド1つで300~500円分の集客料として支払う価値があると見ているでしょう。

無料オファーによく似た例があるとすれば、無料体験レッスン、試食コーナー、ゲーム体験版ですね。

3つの話に入る前に無料オファーを紹介しているアフィリエイトセンターを紹介します。

無料オファー案件を出しているアフィリエイトセンター一覧

・マネクルアフィリエイトセンター

・LineA

・GoENアフィリエイトセンター

・ゴールドヴィレッジ・アフィリエイトセンター

・FMCアフリ

・スカイ・アフィリエイトセンター

・プロダクトローンチセンターJAPAN

・インターネットコネクターセンター

・カーロットアフィリエイトセンター


Error

日常生活の中で無料オファーに似た3つの身近なもの「無料体験レッスン」「試食コーナー」「ゲーム体験版」

個人的に思う無料オファーに日常生活の中でよく似ている3つの身近なものを例として挙げる前に伝えておきたいことがあります。

無料で体験するきっかけのほとんどは、テレビコマーシャルから始まります。

購入動機の原点といえる方法の1つ普段からテレビを見ているなら必ず見ているテレビコマーシャル

まず、家で生活している人は、ほぼ100%テレビを持っています。

世代によっては全くテレビを見ない人がいれば、1日のほとんどテレビを見ている人がいます。

テレビは、1日24時間でニュース、アニメ、スポーツ、ドラマ、バラエティーなど、決まった時間で番組が流れていますよね?

見たい番組時間に合わせて見ていますよね?

よくテレビを見たことがある人なら分かると思いますが、番組を見ているときに肝心なところで急にコマーシャルに入った!って経験はありますよね?

そのときに見ているコマーシャルは、それぞれのメーカーから紹介している商品についてアピールをしながら広告をしています。

無料放送で見ている人達が紹介しているコマーシャルを見て商品を知ることができます。

コマーシャルを見たきっかけで興味を持った人が紹介した商品を売っている店に買いに行って購入すれば、「広告で紹介したオファーが成立した」形になります。

この流れだと有料オファーと同じ流れなりますが、これから話す3つの例は無料オファーと同じ流れで話していきます。

有料商品の購入予備軍の1つ無料体験レッスンで体験してレッスンの雰囲気を知らせよう!

パソコン教室、英会話、音楽教室、スイミングなど学習をする教室からの無料体験について情報が来ます。

コマーシャル、新聞の広告、ポスターなど、生活に身近のところに情報が入ってきますよね?

その情報を知って無料体験レッスンを受けられるところに行って体験を通してもらう。

無料体験レッスンを受けた時点で無料オファーでメアドを登録したのと同じ形で成立しています。

体験後、有料レッスンを受けるかどうかを判断してもらいます。

ここからは、有料オファーと同じ流れで有料会員になるかどうかで成立の分かれ目になります。

有料商品の購入予備軍の1つ試食コーナーで試食をしてどんな味なのか?を味わせてみよう!

食べ物や飲み物は、コマーシャルとスーパーチラシがほとんどきっかけで買っている人がほとんどだと思います。

しかし、スーパーショッピングに行って買う前にどんな味がするのか?気になるけど、試食してみないと分からないなぁ・・・と思っている人がいます。

そんな人のためにスーパーショッピングにある試食コーナーがあります。

その試食コーナーは時期によっては違いますが、ソーセージ、パン、焼き肉、野菜、飲み物など、色んなものがあります。

そこに行って、試食ができる無料品を受け取ったら無料オファーで成立したのと同じ形になります。

味わってみて、欲しいと思ったら試食したものと同じものをカゴに入れてレジに行って購入します。

購入したら有料オファーで交渉成立したのと同じ形で利益を得ます。

有料商品の購入予備軍の1つ体験版ゲームで無料プレイをしてみて面白さを判断してもらおう!

ゲームソフトを買うきっかけはコマーシャルよりファミ通、コロコロコミック、Vジャンプなど、雑誌がほとんどだと思います。

そのゲームソフトを体験版でプレイができるならインターネットに通して、体験したいゲームをダウンロードしてプレイをしてもらいます。

体験版をダウンロードした時点で無料オファー交渉成立になります。

体験版でゲームの面白さを感じて欲しいと決めたユーザーは、発売日が来るまで待って予約をします。

発売日になったら店でカートリッジ版を買うか、ダウンロード版でインターネットでダウンロードするかでゲームソフトを購入します。

有料ゲームソフトを購入時点で有料オファー交渉成立と同じ扱いになります。


無料オファーと有料オファーと似たような例を3つ挙げましたが、理解できたでしょうか?

投稿タイミングを考えながらザイオンス効果で無料オファーの成立率を上げよう!

無料オファーは色んな要素で成立率が変わってきますが、その中で要因が大きいものは、「ザイオンス効果」です。

ザイオンス効果とは同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになることです。

1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスがその効果を自分の名前につけてマーケティング用語として世界に広めました。

ザイオンス効果の例としてテレビのコマーシャルで決まった時間帯に広告します。

テレビのコマーシャルで短期間にうまく伝えるように何度も繰り返しながら見せさせると好印象を上げることができます。

繰り返しで一度、好印象を持たせたらしばらくは頭に残ってくれます。

すると購入率が大きく上がります。

それと同じように無料オファーでキャンペーン期間で、出来るだけ1件も多く成立させるためにフェイスブックとツイッターで何度も繰り返して投稿をします。

ただし、ただ繰り返すだけでは、うまく成立することができません。

タイミングと頻繁も考える必要があります。

タイミングは平日なら朝6時くらいに起きる人が多い→6:30に投稿。

会社から家に帰ってネットサーフィンしそうな20時→20:30

1日に2回までにする。

時間と回数を考えて定期的に繰り返し投稿してみる。

すると、最初は興味なかったのに何度も同じ内容で投稿してると「そんなにオススメなのかな?」と気になり始めます。

広告主ページに飛んで内容を見てメアド登録をしてもらいます。

すると広告費がもらえます。

これでアフィリエイターとしての仕事は成功になります。

ただし、繰り返し投稿だけでは、成立できません。

ザイオンス効果以外の大きな要因は、「信頼」です。

信頼について記事がありますのでご覧下さい。

・インターネットビジネスのアフィリエイトでやっていく上で最も重要なこと

まとめ動画


以上になりますが、この記事を読んで無料オファーをどう成立させるか?を参考しておくといいです。

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました