個人的に考える昔からある病院の待ち時間の問題

人工知能

なぜ、病院の待ち時間のことを話すのかというと体調不良で病院に行ったからです。

体調がひどかったら病院に行くという初歩的なことですが、待ち時間のことは全く考えていませんでした。

さて、病院の待ち時間の話からズレますが、体調不良で病院に行った話をしたいと思います。

12年ぶりの診察で改めて実感した長い待ち時間

9月20日の朝、胃に違和感を感じて夕方になるころから痛みを感じ始めました。

だんだん痛みが強くなってきてこれはまずいな・・・と思い、病院に行きましたが、午後部は休診だったので明日に延期しました。

次の日、痛みが増してきてブログ運営ができないほど強い痛みを感じました。

痛みですぐに病院に行けませんでしたが、昼過ぎになんとか行きました。

そのとき、怪我や体調不良で病院に行ったのは12年ぶりでした。

初めて行く病院だったので受付時、診察券を作って用件を聞かれるのを待ちました。

5分後、看護師が来て「どこが体調が悪いでしょうか?」と聞かれて、「胃がねじれるように痛いのと腹の膨らみで痛いです。」と答えました。

看護師から「わかりました、今、混んでるので順番で待ってもらっていいですか?」と言われて周りの人数を確認しました。

待ち合わせ室で座って待ってる人が15人くらいだったので遅くても30分かな?と思って「わかりました、待ちます。」と答えました。

~30分後~

あれ?まだ順番が来ない?

~60分後~

いつになったら順番が来るんだ・・・!

~90分後~

おいおい!異常に長いじゃないか!どうなってるんだ!

痛みと不満を感じながら順番が来たのは2時間近くでした。

こんだけ待たされるなら最初から待ち時間を言ってくればいいのにと苛立ちを覚えながら診察を受けました。

鈍痛で余計なことをしたくないと思って必要な情報のみ正確に答えるようにしました。

レントゲン撮影もやったので診察時間は10分くらいでした。

検査結果は神経性胃炎だそうです。

ストレスの原因で胃酸が過剰分泌してしまったらしいので医者からストレスを感じるものは少し間だけ離れてみてはどうかな?と言われました。

胃炎を治すためにブログ運営を10日近く休みました。

治療中、横になりながら病院の待ち時間に対して疑問を考えました。

12年ぶり診察で忘れていたけど、病院の待ち時間って昔も今も相変わらず異常に長いんだな・・・。とスマホを余裕でいじれないほど痛みに耐えながら実感しました。

そんな感じで病院の待ち時間に対して不満を持ってる人多くいたでしょう。

5年前、ホリエモンが腎臓結石診察の予約をして、時間通りにビッタリに行ったのに待たされて仕事に間に合わない!と話題になっていたように予約しても予約してない人と変わらないだろうなと思いました。

ホリエモンだけではなく、一般人も病院の待ち時間に対して不満を持っている人がいます。

このように待ち時間が長い問題を根本的に解決しないと寿命を伸ばしに行ってるのに時間の無駄をさせてる時点ですごく矛盾を感じるなあと思います。

個人的な話で長くなりましたが、本題に入りたいと思います。

Error

長すぎる待ち時間の解決方法

人工知能が問診してくれるAI問診Ubie

「AI問診Ubie」はUbie株式会社が開発している問診の人工知能です。

問診(もんしん)とは、

診断の参考にするために病歴や病状を患者に質問すること。

医師の残業時間が多いと言われてる過酷な現場に業務効率化で負担を減らせるために問診に特化した人工知能を開発しています。

公式サイトはこちらへ

AI問診Ubieの公式サイトはこちらへ

主な機能は・・・、

  • タブレット問診、高齢者でも使いやすく設計されているスマホのようにわかりやすいデザインをしています。
  • 医師向けエディタ患者が入力した情報を医療用語に変換させてカルテ記載の手間を減らせます。
  • 病名辞書、患者情報から病名を人工知能が検索して判断してくれます。
  • お薬・紹介状サマリー、薬手帳や紹介状に書かれている文字情報を画像解析で読み取ってカルテ転記してくれます。

ですが、それ以外に診療科振り分け支援、トリアージ支援、問診多言語対応など便利機能を追加していく予定だそうです。

「AI問診Ubie」は、診療所から大病院まで100施設くらいしか導入してないですが、来年からは全国へ一気に導入してほしいですね。

医療者より患者のほうが工夫せよ!

偉そうに命令形で言いましたが、待ち時間が長くなる原因が医療者より患者のほうが根深いではないか?と思っています。

もちろん、医療者も患者というお客さんに対してサービスを対等に提供するように細かいところまで工夫をしていると思います。

彼らは人を治すためにビジネスをやっているからプロとして患者に役に立つことをしています。

すべての病院が出来てるとは言わないですが、多くの病院はいいサービスができるように工夫をしています。

逆に患者は「お客様は神様!」と思い込んで何も工夫をしようとしない人が多いです。

待ち時間に関して工夫すべきな割合は、医療者30%:患者70%ではないか?と思っています。

聞きたいことを整理しておく

予約をしていない診察で順番が来る前に待ちますよね?

その時間を聞きたい内容を整理して考えている人はどれくらいいるでしょうか?

整理しながら考えてない人が多いでしょう。

医者に質問をするチャンスがあるのに何も考えてないと時間が無駄にかかります。

患者の不安を取り除くために医者が基本的なことを説明して安心させます。

しかし、説明が納得していない場合があります。

医師からの説明が十分じゃない!とよく聞きますよね?

医者全員が満足に説明できるとは限らないので聞きたいことを整理して考えた患者の協力が必要です。

医者の説明と患者の質問があって、初めて納得できる説明に成り立ちます。

それがわかっていない患者がいるから待ち時間の問題がなかなか解決できないと思います。

病院をたまり場にしている老人は消えろ

過激なことを言いましたが、意味ないことを勝手にたまり場にしてる老人に対して迷惑を感じている人がいるはずです。

12年ぶりの診察を受けただけで決め付けてるだろ!って思う人がいるかもしれませんが、ほぼ毎日嫌でも見ていますよ。

新聞配達のバイトで2~3件の病院の受付室に行って新聞を受付の人に渡していますので嫌でも待合室の様子が目に入ります。

待合室にいる老人の中で毎日居座ってる人が結構いました。

ボーッとしながら上を見ている人がいれば、2人組でペラペラしゃべる人もいました。

嫌でも目に入る待合室の現実を見て、ショッピングモールのフードコートでダラダラとおしゃべりをしながら時間を浪費するマイルドヤンキー達の姿みたいだなぁ・・・と心底に思いました。

どこか苦しくて悪いところがあるような感じに見える人が少なくて元気よくおしゃべりをしている人のほうが多くいる感じでした。

そういう人達を見ると一体どこが具合悪いの?と疑問を感じます。

本当にただの暇つぶしに来たなら診察を受けたいほど、具合が悪い人からしたらたまったもんじゃないですよね。

その人達のせいで必要ない時間まで浪費させられるのは「老害」以外の何ものでもないです。

老害と呼ばれたくなかったら自分で付き合いを作れ!って思っています。

そうならないから待合室に居座る老人専用のカウンセリングルームでも作って欲しいですね・・・。

正直、老害達に1つ質問してみたいですね。

「寿命を伸ばしたい人が集まる場所で時間を浪費して虚しくない?」と。

そういういった意味で患者側が積極的に協力してくれたら待ち時間の問題は簡単に解決できると思います。

まとめ動画


以上になりますが、ブログ運営ができないほど痛む神経性胃炎は、本当に気をつけていきたいと思います。

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました