遺伝子検査で体質を分析して人生の可能性を広げてみよう!

役に立つサイト

あなたは自分の遺伝子を考えたことがありますか?

少なくとも一度は考えたことがあると思います。

多分、ネガティブのほうに考えてる人が多いと思います。

シンプルに言うと「劣等感」ですね。

顔がブザイクだから・・・

才能がないから・・・

胸が小さいから・・・

頭が悪いから・・・

体が小さいから・・・

病気だから・・・

・・・など、コンプレックスを抱えているから自分が嫌い。

だから遺伝子を残したくないと考えている人がいます。

さて、本題に入ります。

客観的に遺伝子とはどういうものなのか?

遺伝子のはたらきから見えてくる長所と短所とは何か?

生まれ持った性質とは何か?

自分の遺伝子の設定図を調べたことがないでしょう。

遺伝子解析で自分の遺伝子情報をデータ化にして自分はそういう体質です。と分かれば、どうやればいいのか見えてくると思います。

自分の体は死ぬまで一生付き合うことになりますよね。

ジョジョのディオみたいに自分の生首を他人の身体を乗っ取るなら話は別ですが・・・。

付き合うから遺伝子もデータ化にすれば、病気に対する見えないリスクが見える化になれるし、自分の才能が見えてくるようになります。

つまり、見えるようになったら自分の可能性を広げられるってことです。

健康のためのヒントを見つけるMYCODE(マイコード)

マイコードは体質によっては、がんや生活習慣病など起こしやすい病気を知るために唾液で遺伝子傾向を知る検査キットです。

ガンは内蔵の細胞にある正常な細胞から悪性細胞に変わって遺伝子異常を起こす病気。

食道がん、胃がん、直腸がん、肝細胞がん、すい臓がん、肺がん・・・など、

内蔵以外に白血病や骨髄腫など、ガンがあります。

生活習慣病は運動不足、喫煙、飲酒、過食、塩分過多など、不健康生活の積み重ねで発生する病気。

高血圧、糖尿病、肥満、脳卒中、歯周病、心筋梗塞、肺気腫、動脈硬化、慢性腎不全・・・など、

生活によっては誰でも起こす身近な病気です。

個人の遺伝子の情報から分析して体質と遺伝的傾向を知ることができるので起こりやすいガンと生活習慣病を対策しやすくなります。

マイコードの特徴を簡単にまとめると・・・

  • 唾液で調べる遺伝子検査
  • 専門医が編集した写真付き資料で病気の危険性を知る。
  • 生活習慣チェックで健康アドバイスをしてくれる。
  • 質問回答でライフスタイルの改善点を教えてくれる。
  • 管理栄養士のアドバイスでレシピ案を提出してくれる。

では、どうやって遺伝子検査を受けるのか?

それは検査キットを購入することです。

さきほど紹介したマイコードページの下にある4種類の検査プランがありますのでその中から選んで下さい。

購入したら届くまで待ちましょう。

マイコードページ以外に店で買えるところがあります。

ビックカメラ、サンドラッグ、ヤマダ電機、クリエイトSDのみ

4種類しかない上に都会でないと見つからないところがあります。

マイコードの遺伝子検査で体質によってかかりやすい病気がわかるようになると個人で最適な薬を提供してくれる近未来医療技術の開発が進めるようになります。

その近未来医療技術とは、「オーダーメイド医療」です。

私たち日本人は、欧米の人と比較して少し太っただけで糖尿病になりやすい事が知られています。

血縁者に生活習慣病やがんが多いことを気にしている方もいらっしゃるかもしれません。

同じ病気にかかっても人によって薬の効き目に大きな違いがあるという事実も以前から指摘されてきました。

もっと身近なところではお酒に強い人と弱い人がいて、昔は飲めないのは根性が足りないからだ!などとずいぶん乱暴な事も言われましたが、今ではアルコールを分解する酵素の強さに遺伝子上の違い(遺伝子多型)がある事が分かっています。

このように私たちが「人種差」「家系」「個人差」「体質」と思っている事の基本部分の多くは、体の細胞の中のDNA(遺伝子)によって決められています。

人の遺伝子暗号を全部調べ上げればその人が将来どんな病気になりやすいのか、またどのような治療が向いているかが分かり、一人一人に適した予防や検査、治療を行う画期的な「オーダーメイド(個別化)医療」が実現できるのではないか?

そう考えた世界中の人たちが集まって1990年に「国際ヒトゲノム計画」を立ち上げました。

同友会メディカルニュースから引用

それと遺伝子検査をわかりやすく説明してくれるマイコードの動画がありますので紹介します。

Error

【3分で分かる】遺伝子検査MYCODE紹介動画

子供の才能と能力が分かるDNA FACTOR(ファクター)

DNAファクターは頬の内側を綿棒で軽くこすって採取したDNAを才能と能力を知ることができる遺伝子検査キットです。

DNAファクターの独自技術、「ダイレクトシークエンス法」という検査方法をやります。

ダイレクトシークエンスとは、採取した遺伝子データを全体に見て調べる方法です。

採取した部分をほんの少しでも触れてしまったら他人の遺伝子データが混じってしまいます。

混じってしまうと遺伝子データの区別ができないまま情報の正確性が欠く検査結果になります。

それを防ぐためにいくつかのサンプルを作って正確性がある情報が完成するまで何度も解析・検査を繰り返す方法だそうです。

どれくらい繊細なのか?というと水溶紙のように簡単に溶けてしまう感じですね。

トイレットペーパーを水に触れたらすぐに分解して溶けるように分散してしまうくらいの繊細さです。

そういった意味でデータの乱れが起こりやすいってことです。

約30~60日の検査結果が出ると・・・

  • BDNF(記憶力)意味記憶・宣言的記憶・エピソード記憶
  • SNAP25(動作性IQ(S))直感や空間的認知など能力
  • CHRM2(動作性IQ(C))分析、推理、理解など情報処理力
  • ACE(耐久力)瞬発的なエネルギーと持続的なエネルギーの供給力簡単に言うと「速筋」と「遅筋」です。
  • ACTN3(瞬発力)瞬発的なエネルギーを出せる筋力の発揮度
  • mtDNA(持久力)持続的なエネルギーを出せる筋力の発揮度
  • COMT(やる気)ドーパミン分解をする能力
  • CHRNA4(リスク価値)リスクに対する価値観
  • 5HTT(ストレス耐性)セロトニン(幸福ホルモン)の発現量

が、わかるようになります。

学習能力、身体能力、感性を調べる9遺伝子鑑定以外に調べられる検査キットがあります。


以上になりますが、遺伝子検査を受けて人生をもっと豊かになりましょう!

KANTAブログのオススメ情報はこちらをクリック↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました